スマートフォン解析

妊娠中期の食事で摂るべき&注意し避けるべき栄養素・食べ物とは

Sponsored Link


ツワリも治まり、食欲も通常に戻るのが、安定期とも呼ばれる妊娠中期(5~7ヶ月頃)

この時期は、

「ツワリの時に摂れなかった栄養素をしっかり補わないと!」

と、一生懸命食べる妊婦さんが増える時期でもあるんです。

しかし、そこには大きな落とし穴があります。

ここでは、その一人でも多くの妊婦さんがその落とし穴に落ちてしまわないように

妊娠中期の食事で取るべき&注意し避けるべき栄養素・食べ物

についてまとめました。

 

妊娠中期の体重増加に要注意!

妊娠5ヵ月目(安定期の初め)は、つわりも終わりその反動で食欲が増す時期でもあります。

しかしこの頃はお腹の成長もスピードアップするため、急な体重増加に注意しないといけません。

 

妊娠すると、とにかく体重についてうるさく言われます。

「ちょっとぐらい良いじゃない。」

と思う人もいるでしょう。

しかし、許容範囲を超える体重の増加は、妊娠中毒症と言われる妊娠高血圧、妊娠糖尿病といったものを患う危険性があります。

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)になってしまうと、出産が大変になってしまうだけではなく、胎児の成長にも影響を及ぼします。

なので、妊娠中の体重管理は考えている以上に重要になってくるのです。

ちなみに、妊娠中期の許容体重増加量は1週間で300g程度です。

意外と少ないですね。

暴飲暴食してしまえば、あっという間に体重は1kg上乗せになってしまうので、食事の量にはかなり気を遣わなくてはいけないのです。

 

妊娠5ヵ月目頃の赤ちゃんと母体の状態を知る

安定期に入るということは、胎盤がしっかりとしてきた証拠でもあります。

 

胎盤がしっかりすると、赤ちゃんは今までにも増して胎盤を通して母体の栄養をぐんぐん吸い上げます。そのため、赤ちゃんの成長が著しいこの妊娠中期に、赤ちゃんにとって有益な栄養をしっかりと母体が摂取する必要があるのです。

赤ちゃんの成長度合いによって、母体がしっかり栄養を、バランスの取れた食事から摂取することが何よりも大切になるのです。

 

妊娠中期(5ヵ月目から7ヵ月目)の食事

妊娠中期の食事で積極的に摂るべきもの

・葉酸

・鉄分

・カルシウム

・ビタミンB

・ビタミンC

 

妊娠期に必要だと言われている葉酸は、引き続き摂取するようにしてください。

また、妊娠中のカルシウム不足は、赤ちゃんの脳の形成に大きな影響を及ぼすので、カルシウムが豊富に含まれている

・チーズ

・ヨーグルト

・ワカメ

・しらす干し

・スキムミルク低脂肪乳

・海苔

・昆布

といったものを1日1~2品食すと良いとされています。

 

また、赤ちゃんは必要な血液を作るために、胎盤を通じて母体から鉄分を積極的に取り入れています。

ですから母体の鉄分不足は赤ちゃんの血液不足にも繋がるので、大変危険です。

 

貧血にならないよう鉄分が豊富な

・小松菜

・ほうれん草

・豆腐

・納豆

・カキ

・さんま

などをしっかり摂るようにしなくてはいけません。

 

しかし、どんなに身体に良いと言われる食材でも、極端にそれだけを食べるといったバランスの悪い食事方法はやめましょう。

3食、バランスと質の良い食事を適量ずつ摂るように心掛けることが大切です。

 

 

妊娠中期の食事で避けるべきもの

・水銀量の多い魚(マグロ、カジキ、金目鯛など)

・糖分の多いもの

・塩分の多いもの(テイクアウトや外食など)

・加工食品(ソーセージやハム、ちくわ、即席めんなど)

・カフェインが多く含まれているもの(緑茶、紅茶など)

・ビタミンAが豊富に含まれるもの(うなぎ、レバーなど)

また、急な体重増加を避けるために、

ジャンクフードを始めとする高カロリー、高エネルギーなものは控えるようにしましょう

 

まとめ

安定期に入ると食欲も人並みに出てくるので、ついつい美味しい食事に手が伸びてしまいます。

しかし、ここでしっかりと体重コントロールをしておかないと、後々大変なことになってきます。

それはお産が大変になってしまうばかりではなく、子供の成長にまで悪影響を及ぼすとなれば、やはり母親としてはどうしても気を付けなければならないという気持ちになるのではないでしょうか。

 

ただ、妊娠するとどうしても身体の自由が通常よりも利かなくなってしまうため、カロリー消費が少なくなってしまいます。

そのため、いつも通りの食事量では多すぎることもあるのです。

食べ過ぎには十分注意して、バランスの摂れた食事をしっかりと摂って、ママにとっても赤ちゃんも健康的に過ごせるように心掛けましょう。

そして旦那さんも、なるべく妻にストレスが掛からないように配慮をしてあげるようにしましょう。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ