スマートフォン解析

正中線と妊娠線の違いとは?産後に消えるけど消すクリーム等の効果は

Sponsored Link


妊娠中、お腹の真ん中に黒い線が出来てしまい「妊娠線が出来た!」と勘違いする人は結構います。

この正体は、「正中線」というもので、妊娠線とはまた別のものなのです。

では、正中線とは一体どういったものなのでしょうか?

ここでは、この正中線について、妊娠線との違いと特徴等を取り上げていきます。

 

正中線について知る

正中線の特徴

正中線とは、身体のど真ん中を走る一本の線のことで、実は誰もが持っているものだったりします。

誰でもですから女性に限らず男性も持っていますが、普段は肉眼では確認できない程度なのでその存在を自覚できないんですね。

この正中線の正体は、細胞分裂時の痕になります。


※正中線の画像

 

それに対し、妊娠線は妊娠中に新たにできる線になります。

一本ではなく、複数現れるのも特徴になります。

※妊娠線について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

【参考】妊娠線はいつから出る?痒い等の症状の原因と予防・対策とは

 

正中線が妊娠中に目立つようになる原因

普段は気付かれもしない正中線ですが、なぜ妊娠期にこの正中線が目立ってしまうのかというと、

正中線にメラニン色素が溜まって黒ずんでしまう

からなのです。

妊娠中はホルモンバランスの乱れによって、メラニン色素の分泌が通常時よりもかなり多くなります。そのため、妊娠中は体の黒ずみが増えたり、シミやそばかすが目立ってきたりするのですが、正中線も同じ理由で目立ってきます。

そう考えると、「妊娠期に正中線が出来た!」という言い方よりは、「妊娠期に正中線が目立ってきた!」という言い方の方が正しいかもしれませんね。

 

正中線は無害

ですから、正中線は我々が生まれつき持っているものであり、妊娠がきっかけで出来るものではないのです。

妊娠によるホルモンバランスの乱れによって、正中線の存在感が増してしまっただけのこと。

妊娠線とは違い、痛みや痒みを伴うものでもありません。

確かに、おへそのど真ん中を通過し下腹部から顎に向かって伸びる一本の線は、確かに気になります。

 

しかし、それが元々身体にあったものだと分かれば、安心も出来ますね。

自身が細胞から人間へと成長した証とも言える正中線は、当たり前ですが無害ですので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

 

正中線を消すには?

正中線は誰もが持って生まれるものなので、完全に消し去ることは出来ません。

あくまでも元のように、正中線があるとは分からない状態に戻すことになります

ではどうやって正中線の黒ずみを目立たないくらいまで戻すのかということになりますが、前述のとおり、この黒ずみの根本的な原因は妊娠期のホルモンバランスの乱れです。ですから産後徐々にホルモンバランスが元の状態に戻ることで、黒ずみも解消されます。

ですから特別なケアをすることなく、正中線の黒ずみも自然に消えていきます

 

それに対して、妊娠線は自然に消えることはありません。

ですから、妊娠線ができないようにするケアであったり、できた後の対応(なるべく痕を残さないようにする等)がとても重要になってきますね。

 

クリームの効果は

それでも、「早く正中線の黒ずみをなんとかしたい!」という方は、メラニン生成を抑えるクリームを使ってみてください。

美白クリームではありません、あくまでもメラニンの生成を抑えるクリームです。

正中線の直接的な原因はホルモンバランスの乱れから生じるメラニン色素の過剰分泌です。ですからメラニン色素を抑えれば、自然に任せるよりも早く正中線を元の状態にすることが出来るようになります。

また、根本原因であるホルモンバランスの乱れを解消する働き掛けも一つの手段です。

もちろん、妊娠中なのである程度乱れるのは仕方がないのですが、それでも生活習慣やストレス管理に改善の余地は必ずあるはずですから、その視点も重要になってきます。

 

ちなみに、肌が黒ずむとどうしても美白クリームを使いたくなってしまいますよね。

しかし、妊娠中に出来る腹部や正中線の黒ずみは、美白クリームでどうこうなるものではありません。黒ずみの直接的な原因となるメラニン色素生成を抑える方がよっぽど効果的なのです。

もちろん、目立たないようにするという効果はあるので、使用する価値はあるのではないかと思われるかも知れませんが、それでもお勧めはしません。

何故なら、美白クリームはかなり刺激の強い成分も含まれていることも多いからです。

妊娠によって敏感になっている肌を刺激しかねないので、やはり使用は控えるのが無難です。

 

いずれにせよ、正中線の黒ずみは放っておいても産後徐々に薄れていくので、よほど気にならない限り、クリームなどは使用せずにそのままにしておくのが良いと言われています。

 

まとめ

妊娠中に正中線がはっきり出る方、全く出ない方と双方いますので、「正中線なんて全く知らなかった。」という方もいたかもしれません。

正中線は、出現する場所が妊娠線と被ることもあって混同されがちですが、妊娠線とは全く別のものだということをご理解頂けたと思います。

今一度整理しておくと、

・妊娠線は、妊娠中に(新しく)出来る線(複数)

・正中線は、元々身体にあるもので、妊娠中に目立ってくる線(一本)

 

また、妊娠線は一度出来ると二度と消えないとも言われますが、正中線は妊娠が終われば、自然と元の目立たない線に戻ってくれます。

一生、「ここが私の身体の真ん中です。」とアピールする線を目立たせて生きていくということはないのです。

放っておいてもいずれ消えてくれるのです

黒ずみ用のクリームを使用して肌を刺激するのも良くないので、よほど気にならない限りは、そっとしておくのが良さそうですね。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ