スマートフォン解析

妊娠中の温泉が大丈夫でお勧めな理由って?禁忌解除も注意点あり

Sponsored Link


温泉って、リラックス出来て肌や健康も改善されて良いですよね。

でも、妊娠していても温泉に入ることってどうなのでしょうか。

温泉には様々な成分が入っているため、胎児に影響が出ないかと不安視する方も多いのですが、医学的には問題ないのでしょうか。

こうした疑問にお答えするために、妊婦中の温泉についてまとめてみました。

 

かつては妊婦の温泉入浴は禁止されていた

温泉法による規制

日本には温泉法というものがあり、温泉利用の適正が図られています。

その中に、温泉入浴を避けなくてはいけない人という項目があり、かつては妊婦もその対象に含まれ、温泉入浴を禁じられていました。

しかし、2014年の7月に温泉法が改正され、

温泉入浴を避けるべき人の項目から妊婦は除外されました

かなり最近ですね。

 

妊婦が温泉入浴を禁じられていた理由

かつて妊婦が温泉入浴を禁じられていたのには2つの理由がありました。

 

理由1:人々の間で暗黙の禁忌行為とされていた

妊婦さんが温泉を避けるべきだと人々が考えていたのには、日本古来の考え方が影響を与えていたと言われています。

その昔、妊娠や出産に伴う出血は穢れの対象とされ、世俗と離す必要があると考えられていたため、妊婦は旅小屋という小屋で妊娠期を過ごし、出産しました。

この慣習自体は廃れたものの、妊婦が温泉という清めの場所に穢れを運んでくるのは良くないという考えは、長く人々の間で共有され続けていました。

それが意識的なものにしろ、無意識的なものにしろ、その当時の人たちの間で共有されていた共通認識だったこともあり、妊婦と湯を共にすることに抵抗を感じる人が多かったのです。

こうしたこもあって、妊婦の入浴を制限する温泉処も増えたようです。

 

理由2:妊婦の安全性の確保

また、もう一つの理由は法律で妊婦が温泉を避けるべきだとされていたのには、温泉の熱気が妊婦の身体にはこたえ、危険であるという判断があったためだと言われています。

妊婦の安全性を確保するためということから、妊婦は法律で温泉を避けるべき者に指定されていたのです。

 

今は妊婦の温泉入浴が推奨されている

かつては、妊婦が温泉に入ることを禁じていた時もありましたが、時代と共に穢れの概念も薄れ、また、医学的に妊婦が温泉に入っても何の問題もないということが証明されたこともあって、妊婦が温泉に入れることに関して広く認知されるようになりました。

さらに、今では温泉が妊婦に与える良い効果の方に注目が集められようにもなり、むしろ妊婦が温泉に入ることを推奨する風潮すら出てきています。

 

その効果とはズバリ、

・マタニティーブルーの改善

・ストレス軽減

・リラックス効果

・妊娠による冷えやむくみの改善

・腰痛緩和

 

になります。

 

【参考】妊娠中のプールはいつから、いつまで大丈夫?感染症等の注意点も

 

妊婦が温泉に入る時の注意点

妊婦も温泉に入って良いとはされるものの、やはり普通の時とは勝手が違うので、色々と注意する必要があります。

 

  1. 入浴時間は長くても10分

妊婦が温泉に入る際に最も注意しなければいけないのが、のぼせと貧血による転倒

温泉には入らずともその湯気に当たってしまうということもあります。

そのため、温泉浴場にいる時間は極力短くする必要があるのです。

身体に負担を掛けないためにも、入浴時間は10分以下と決めて入ると良いでしょう。

子供の付添で温泉浴場に行く際にも、湯気当たりには要注意です。

 

  1. 単純泉を選ぶ

温泉には様々な成分が含まれています。

どれも妊婦及び胎児には影響がないとされていますが、妊娠中は通常時よりも肌の刺激を受けやすいので、後々痒みや痛みが出ないようにするためにも、単純泉を選んだ方が良いとされています。

 

  1. 一人での入浴は避ける

お腹が大きいと普段見えているものが見えなかったり、バランスが上手く取れなったりと色々な不自由がおきます。

そんな時は、いつでも妊婦のヘルプコールに応えてくれる知人や家族と一緒に過ごすことで安全性が保たれると言われていますね。

温泉でもそれは同様です。

必ず、知人や家族と一緒に入浴するようにしてください

 

  1. 滑らないようにする

温泉浴場は、温泉の成分によって滑りやすくなっていることも多々あります

そのため、妊婦は細心の注意を払って入浴する必要があります

うっかり足を滑らせて転倒したとなったら大事です。

 

  1. 入浴前の水分補給を忘れずに

温泉浴場は温度がかなり高いために、発刊作用が促進されます。

ですので、入浴前にしっかりと水分補給をして、のぼせや貧血の対策をすることが大切です。

特に妊娠していると水分補給は普段以上に重要です。

沢山水分を取って、バランスを整えましょう。

 

入らない方が良い期間

これらの注意点を守ったとしても、妊娠初期や妊娠後期以降は温泉に入るのを避けた方が良いです。

妊娠初期は胎児の状態が体調が安定しないですし、妊娠後期は早産の可能性がありますからね。

それ以外の期間であれば、むしろメリットの方が大きいと思うのでお勧めします。

 

最後に

妊娠すると、何かと行動に制約がかかるためストレスを感じがちです。

そうした中で、温泉まで禁止されては本当にストレスフルですよね。

でもご安心ください。

妊娠していても温泉に入ることは出来るのです。

但し、注意は必要です。

せっかく温泉でリラックスできても、うっかり足を滑らせてお腹を打ってしまったら全てが無意味になってしまいます。

自分と赤ちゃんの状態にいつも気を配りながら、温泉を有効活用しましょう。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ