スマートフォン解析

妊娠中のプールはいつから、いつまで大丈夫?感染症等の注意点も

Sponsored Link


妊娠していても出来る数少ない運動の中には水泳が挙げられており、ここ数年特に注目されています。

いわゆる、マタニティスイミングというものです。

ここでは、妊娠中にプールに入れるのはいつからいつまでなのか、注意すべきことは何か、そしてマタニティスイミングとは一体どういうものなのかについてまとめてみました。

 

妊娠中のプールはいつから?

妊娠していても出来る運動に水泳が挙げられているからと言って、妊娠中ならいつでも水泳をやって良いというものでもありません。

妊婦がプールに行っても良いと言われるのは、

安定期に入ってから

です。

大体16週目ごろです。

なぜ安定期に入る前はダメなのかというと、

・急な体調の変化が起こる可能性が高い

・感染症を誘発する可能性が高い

・母体に負荷が掛かった時、胎児への影響も回避できない

 

という理由があるからです。

特に安定期前は、不安定期というべきかもしれないほど、母体の体調は変化しやすいのです。

中でも悪阻を患っている人には、その変化が顕著に見られます。

もし、入水中に母体の体調がいきなり悪くなったとしたら、自分をコントロールすることは出来ますか?

パニックを起こした場合、最悪の事態だって考えられます。

胎児を育み、守る役目を担う母体に何かあってからでは遅いのです

だから、安定期前の妊婦のプール入水は禁じられているのです。

(多くのプール施設は、妊娠週数16週以下の妊婦の入水を禁じています。)

 

プールに入れるのはいつまで?

先ほど、プールに入って良いのは、安定期に入ってからという話をしましたが、それも

臨月前まで

です。

臨月に入ると、赤ちゃんはいつ出てきてもおかしくない状態に入るため、母体のちょっとした変化が影響して早産になる可能性も出てきます。

ですので、プールに入るのであれば、

妊娠初期と臨月を除く安定期の間だけ

にしましょう。

 

妊娠中にプールに入る際の注意点

感染症対策をしっかりする

プール場では、妊娠している、していないに関係なく通常時でも、ものもらいを始めとした目の感染症や風邪などの感染症に罹りやすい傾向にあります

その中で、妊婦は特に免疫力が低下していることもあり、

普段罹らないような感染症に罹ってしまう可能性が高い

です。

清潔さを保つためにも、人が多すぎたりあまり清潔感のないプールは避け、極力細菌をもらわないように心掛ける必要があります。

プール入水後は、身体をしっかりと洗い、清潔にしましょう

 

接触事故に注意する

夏のプールは、人が殺到するため、人口密度がかなり高まりますね。

もし、そのようなプールに行く時には、とにかく人との接触に注意しましょう。

プール入水中は視界も悪くなるため、人との接触がどうしても増えます。

もし、人の足や肘が妊婦のお腹に当たってしまったら、、、

考えただけでも怖くなります。

可能な限り人が多いプールの入水は避けた方が無難でしょう。

 

また、人が少ないプール場でも、無邪気な子供たちが走り回っていたりしたら、これもまた妊婦にとっては危険です。

プール周りは濡れているため、走らないようにと注意が行きますが、子供の中にはそんなことお構いなしで、全速力で走る子もいます。

もしその子が足を滑らせて、妊婦に激突したら、、、

妊婦の転倒、強打は避けられないでしょう

とにかく、

子供がいるプール場、人が多いプール場は要注意

です。

冷え性対策も万全に

妊婦にとって冷えは大敵ですね。

ましてお腹が冷えたりしたら大変です!

ですので、妊婦の入水は温水プールが望ましいのですが、もし冷水のプールに入るならば、入水時間を短くするなど、冷え性対策をしっかりしてくださいね

 

マタニティスイミングについて

マタニティスイミングとは、妊娠中に行える浮力を活かした運動です。

水中の浮力を利用することで、身体に余計な負担がかからないため、お腹の大きな妊婦さんにも推奨されているのです。

 

マタニティスイミングの運動方法は、ジムやスイミングスクールによっても異なりますが、

・ゆっくりとした背泳ぎ

・フローティング

・水中エクササイズ

・水中ウォーキング

 

などがあります。

いずれも、十分な準備運動をした後助産婦さんとスイミングスクールの先生の指導のもとで行います

 

どんな効果が期待できる?

マタニティスイミングで期待される効果としては、

・運動不足解消

・血行促進

・リラックス効果

・筋力強化

 

などが挙げられます。

特に、お腹が大きくなって動くこと自体が億劫になってしまう妊婦さんにとって、身体に負担のかからないマタニティスイミングは、運動不足解消と出産時に必要な筋肉を鍛えるのに非常に良い効果が期待出来るんです。

 

まとめ

正しい方法で、正しい時期にマタニティスイミングを行うことは、妊婦の身体にも精神にも良い影響をもたらしてくれます。

ただし、プールに入水する際には、ここで挙げた

  • 入水時期
  • 感染症
  • 冷え
  • 転倒
  • 他人との接触

には必ず注意しましょう。

自分の体調にも気を配りながら、無理のない範囲でエクササイズを楽しんでみて下さい。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ