スマートフォン解析

ストレスとは。発散しないと頭痛や腹痛等の体の異変に繋がるが、そもそも溜めない方法は

Sponsored Link


ストレスというのは、
私たちが感じる不満のことです。

自分が現在置かれてる状況に対しての。

それは、わかり易い言葉に変えれば
広い意味での「理想と現実のギャップ」のこと。

つまり、人は誰しも自分の現実に対して
「こうあって欲しい」という願望があり、
その通りにならないことで不満を感じていて、
それがストレスという形で
精神的に負担を与えているということです。

その溜まったストレスは、発散しなければ
自分の体が蝕まれていきます。

頭痛や、腹痛などはまだ可愛い方で酷くなれば
癌や鬱病などの大変重い病気にも繋がります。

しかしながら、ストレスを発散するということは
そのストレスの元となる負のエネルギーを
誰かに移すという行為です。

つまり、そんなことをすれば
人に迷惑を掛けることになるし、
そもそも嫌われてしまいます。

結果、さらにストレスを
溜めてしまうような状況になるのです。

こういう言い方をすると、
このように思われる方がいます。

「ということは、理想をなくし、現状で満足してしまえば良いのではないか。そうすればそもそもストレスが溜まらないのでは」

と。

確かに、人間の欲望にはキリがありません。

たとえ現在の理想が現実化したとしても、
また新たな理想が生まれ、
その新たな理想と現実との
ギャップに苦しむのです。

実際、それを繰り返した人が、
「このままこれを続けていても無意味なのではないか」
と思い、現状で満足感が感じられるように
なるために悟りを開こうと出家し、
滝に打たれたり裸足で山を登ったりして
欲望を克服しようとします。

この行為自体は、私は間違いだとは思いません。

しかしながら、100%欲望をなくすことは
不可能であると思っています。

何故なら、仏教の開祖である
お釈迦さまがおっしゃっているからです。

もちろん修行している人たちも大抵
完全になくそうとしているのではなくて、
できる範囲でなくそう
としているのだろうと思います。

それであれば、良いのですが。

もちろん苦しい修行であるので、
この修行自体でストレスを溜める
ことはあるでしょう。

しかし、個人的にはそもそも別に欲望を
なくす必要そのものがないと思っています。

これはどういうことかというと、
欲望があるからこそ、
それを手にしたときに
喜びがあることは事実だからです。

確かにその喜びも長続きはしませんが、
その一時の喜びを繰り返し求めながら
生きていくのは一つの生き方
として良いと思います。

しかしながら、同時に私が伝えたいのは、
バランスを取って欲しいということです。

多くの人はたとえば地位や名誉、
金等を求め始めたら、
それのみが価値となってしまいます。

つまり、ある意味で地位・名誉・金の奴隷として
人生を生きることになってしまうのです。

その結果、多くの人に嫌な思いや
悲しい思いをさせたり、人生を狂わすことも
いとわない状態になってしまいます。

それに常に何かを求め続けていれば、
ストレスの掛かり方は途方もないものになる
のではないかと思います。

その欲望が大きければ大きいほど、
当然ストレスも大きくなります。

必然的に、自分自身(健康や時間等)
も犠牲にすることになるのです。

この世は、何事もバランスです。

ただただ「欲望を消す」という
意識で生きるのは苦しいし面白くなさそうだし
そもそも無理だと思うし、逆に
「欲望のままに生きる」
というのも確実に苦しい人生になります。

とりあえず、
「ストレスが溜まってしょうがない」
という人は確実に
「理想と現実のギャップ」
が大きい人であり、
明らかに精神のバランスが崩れています。

そういう人は、精神のバランスを取るために
出家して修行するというのは
一つの有効な手段だろうと思います。

しかしながら修行は
当然なまやかしいものではありませんから、
現状欲望に振り回されてしまっている人が
簡単に耐えられるとは思えません。

余程の覚悟が必要です。

それに欲望に支配されている人でなくとも、
家族を支えなければいけないとか、
それぞれの置かれた立場が厳しいことから
修行等している余裕がない人も
たくさんいることでしょう。

しかし当然ながらそれ以外にも
たくさんやれることがあります。

とにかくストレスを溜め続けていても
いつかは限界が来るし、溜めては吐き出してでは
周りを不幸にしてしまうので、溜めない方法、
もしくは浄化の方法などを学ぶ必要があります。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ