スマートフォン解析

妊娠中~産後のお腹や脇の黒ずみは自然に治る?原因とケア方法は

Sponsored Link


妊娠して、安定期が近づくころになるとお腹も大分大きく成長します。

お腹が大きくなってくると

「妊娠線が出来るかもしれない」

と、ケアを念入りにするようになりますね。

ところが、妊娠線とはちょっと違うもので悩まれる妊婦さんもいらっしゃいます。

それは、お腹や脇の黒ずみ

いつも通りに過ごしていたはずなのに、どんどんお腹が黒く変化していくと、お腹の中の胎児に何かあったのではと不安になってしまいますよね。

ここでは妊娠中~産後にお腹や脇、人によってはその他箇所にも発生する黒ずみについて、その原因、ケアの方法等を取り上げていきます。

 

妊娠中のお腹や脇の黒ずみの根本原因

妊娠中に出来るお腹の黒ずみの根本的な原因は、

ホルモンバランスの乱れによるメラニン色素の沈着によるもの

です。

妊娠中は特にホルモンバランスの乱れが顕著になります。

ホルモンバランスの乱れによって、黒ずみの原因となるメラニン色素を生成する働きを持つプロゲステロンというホルモンが過剰に分泌されるようになるのです。

そして生成されたメラニン色素が何らかの形(二次的な原因)で沈着することで、それが黒ずみとなるという仕組みです。※二次的原因については記事の後半をご参照ください

ですので個人差があり、妊娠線と同じくお腹が黒ずむ人もいれば、黒くならずに済んでしまう人もいます。

とりあえず、子宮の中の胎児の影響でお腹が黒く変色するというわけではないので、安心してくださいね。

 

お腹や脇の黒ずみは自然に治る!

黒ずみの違い

お腹やわきの下、乳首が黒ずんでいくさまは、女性の意識する「美」とはかけ離れたものです。

一生このまま黒かったらどうしよう。

そんなことが一瞬頭を過ります。

ですが、こちらもご安心ください。

妊娠中に出来た黒ずみは、産後徐々に解消され、最終的には消えてなくなります。

 

妊娠線は一度出来ると二度と消えないと言われているため、黒ずみも一生消えないのではと誤解される妊婦さんは多いです。

しかし妊娠中に出来る黒ずみは、ホルモンバランスの乱れによるものなので、そのホルモンバランスさえ元の通りになれば、自ずと黒ずみも無くなるのです。

もちろん個人差がありますから産後も少しの間続くこともありますが、基本的には時間の問題となります。

 

ちなみに、同じように妊娠中に黒く変色する正中線についても、その原因と自然に治るところは同じです。

ただしそれに対して妊娠線は、皮膚組織が断裂を起こすことで出来るものなので、断裂を起こしてしまった皮膚組織を元通りに治療しない他、治すことはほぼ不可能なのです。

 

美白クリームで黒ずみはなくなる?

とはいえいずれはなくなるものと分かってはいても、女性としてはこの黒ずみ、なんとかしたいところですよね。

何とかしたいという気持ちから、美白クリームを使うという人もいるかも知れません。

ですがそれはいけませんよ。美白クリームは絶対に用いてはいけないとされています

 

妊娠中は、ホルモンバランスの影響などにより、肌がかなり敏感になっています

そのため、

いつもなら何の心配もない化粧品でもアレルギー反応を起こしてしまう可能性がある

のです。

美白クリームや美白化粧水などは、特にアレルギー反応を起こしやすい原料が含まれているので、むやみに使用しない方が良いと言われています

 

お腹は特に、胎児を守っている大事な部分です。

なるべく刺激を与えないようにしておくのが無難でしょう。

黒ずみはいずれ必ず無くなるものなので、妊娠期間中はぐっと我慢しましょう。

 

お腹や脇の黒ずみを防止するケア方法

妊娠中の黒ずみの二次的原因とは

先述したとおり、妊娠中に出来る黒ずみの原因は、ホルモンバランスの乱れによるものです。

妊娠中は過度にホルモンが分泌される傾向にあり、その中でもメラニン色素を生成させる働きを持つホルモンが沢山分泌されることで、黒ずみが出来やすくなるという仕組みでしたね。

 

それでは黒ずみの根本原因(一次的原因)であるメラニン色素とはどういうものかというと、

肌が受ける刺激から身体を守るために作られるもの

なのです。

よく、紫外線を浴びるとメラニンが増えるなんて言ったりしますよね。

あれは紫外線から肌組織を守るためにメラニン色素が作られていたということです。

また、肌が乾燥していると固くなり、メラニンが沈着し易くなります。

他にも洋服との摩擦で肌が刺激を受けた際に、その肌を守るためにメラニン色素が作られたりもします。

これらは、妊娠中に黒ずみができる二次的な原因として挙げることができますね。

 

すべきケア方法

ですから、黒ずみの原因ともなるメラニン色素を生成させないようにするためには、肌に刺激を与えなければ良いということになります。

では、そのために具体的に何をすれば良いのかというと、

・紫外線予防

・肌を乾燥させない

・肌と洋服との摩擦を最小限に留める

になります。

 

妊娠してからお腹を出して外を歩くということはまずしないと思いますが、夏場はビキニなどを着る機会もあるかも知れません。

そのときは、低刺激のUVクリームを腹部に塗って、紫外線対策をするようにしましょう。

先ほど妊娠中はクリームを塗らない方が良いと言ったとおり少し複雑ではありますが、この程度であればよほど心配はないと思います。

肌の乾燥は洋服と肌との摩擦を激しくしてしまいますので、しっかり保湿をして肌を潤った状態に保つことが大切です。

保湿はまずしっかり水分補給することから始めましょう。妊娠中は水分が不足しがちですからね。

 

また、妊娠中はお腹の成長や腰回りの巨大化が顕著ですが、洋服は通常サイズで平気と、通常サイズのものをピチピチに着ている方も多いです。

これは肌を締め付け、肌と洋服との摩擦を助長するのでやめましょう。

体型にあったマタニティー服を選んで、肌と服との摩擦を極力最小限に留めるようにします。

きつい下着もメラニン色素定着を促すので、サイズに合ったものを履くようにします。

この3つのことを実践するだけで、大分黒ずみ発生を抑えられるようになりますよ。

是非試してみてくださいね。

 

黒ずみを早く消すマル秘方法

妊娠中は基本我慢しなければなりませんが、出産を終えれば様々なクリームを使用することができます。

産後になれば、一刻も早く黒ずみを解消したいという美への関心の高いママさんも多いでしょう。

黒ずみを早く消す方法は存在します。

黒ずみ消去に特化したクリームが!

(今は本当に色々なものが開発されていて、便利な世の中ですね。)

このクリームは、メラニン色素の沈着を防ぎ、肌の新陳代謝を上げることで、黒ずみが早く消えるようにサポートしてくれるそうです。

 

気になる方は、是非チェックしてみてください。

 

まとめ

お腹に出来る黒ずみは、シミと同じくメラニン色素の沈着によるものです。

ですので、お腹がどんどん黒く変色しても、胎児の異常かと不安がらないでくださいね。

黒ずみは妊娠線とは異なり自然と治るものなので、そこまで心配するようなものでもありません。

しかし、黒いお腹なんて見たくないという方は、肌に余計な負担を掛けないようにして、メラニン生成を抑えるようにしましょう。

そしてとっとと消し去りたいという人は、出産後に黒ずみ消去クリームを塗りましょう。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ