スマートフォン解析

夏の着物と冬の着物の種類と違いって?結婚式にNGなのは

Sponsored Link


洋服に夏服と冬服があるように、着物にも夏の着物冬の着物があります。

素材の違いを理解し季節に応じた着物を着ることが、着物を着る上で最も大切なこと。

ここでは初心者の方にも分かりやすく、シーズンごとの着物についてご紹介していきます。

 

季節ごとの着物の種類と違い

着物にも夏物、冬物があります。

着物はただでさえ暑いという印象があると思いますが、冬に着ていても暑いと感じる着物を夏に着たらどうでしょう。

間違いなく熱中症になります。

洋服で言うところの、カシミヤのセーターを真夏日に着るようなものですから。

 

着物の夏物、冬物は、形は全く同じです。

洋服のようにノースリーブになったり、長袖になったりといった形の変化はないのです。

では何が変化するのかというと、素材です。

夏の着物は、冬の着物に比べて薄くて軽い素材が用いられています。

着物自体が暑いと思われがちですが、夏の着物はかなり涼しいんです(エアコンなどの便利な道具がなかった時代に生まれたものだけあって、暑さ対策はちゃんと考えられているのです)。

 

春、秋、冬に着る着物は袷の着物

春、秋、冬に着る着物は袷(あわせ)の着物と言って、しっかりとした裏地が付けられたものになります。

厳密にいうと、同じ袷の着物でも春物、秋物、冬物に分けることが出来、着る時期もおおよそ決まっています。

着物には四季折々の植物や生き物が描かれていることが多いですよね?

その四季感を無視して着物を着るのは、どうにもおかしいのです。

春の着物には春のお花が描かれたものを、秋の着物には秋草が描かれたものを、冬の着物には冬の動植物が描かれたものを、それぞれ選んで着こなすのが、風情があって良いのです。

もちろん、帯もこれに準じます。 (着物が春物で、帯が冬物では変ですものね。)

 

夏に着るのは単衣や薄物の着物

夏に裏地のある着物を着たらとても暑いので、夏は裏地のない着物を着ます。

その夏の着物には、単衣薄物という2種類の着物があります。

両者の違いは、透け感がある素材が用いられているか否かということ。

単衣は透けない素材が用いられ、薄物には透け感のある素材が用いられます。

 

着物を着る時期

先述のように、着物の場合は洋服のように自分の体感に合わせて服を変えるより、季節ごとに着物を替えるというのが一般的です。

そのため、いつどんな着物を着ればよいのかという大まかな時期設定もされています。

 

まず単衣を着る時期ですが、これは初夏と晩夏(初秋)になります。

洋服で言うところの、七分から半袖を着るシーズンに当たると考えて問題ありません。

月でいえば、6月と9月が単衣の時期です。

ですが、年によっては5月から猛暑ということもありますよね。

そんな時は、5月から単衣を着ても全く問題ありません。

確かに季節ごとにきちんと分けられるのが一般的ですが、何月何日からと定義されているわけではなく流動的なので、その年の気温や気候に合わせた、アバウトな判断で良いのです。

ただし自分では判断が付きかねる場合は、着物を着て歩いている人の着物を見て考えるのも手ですよ。

 

盛夏と言われる7月、8月には、薄物の着物を着ます。

単衣でも暑いので、薄物を選びます。

なかなかこの盛夏の時期に着物を着ることは少ないかと思いますが、もし着る場合は薄物を選びましょう。

 

夏の結婚式に着物で行く場合

結婚式には折角だから着物で参加したいという方もいるでしょう。

結婚式にも、やはり夏であれば夏の着物で行くべきなのでしょうか?

 

まず、結婚式が行われる会場がどこなのかが重要になってきます。

というのも、ガーデニング婚のようにで行われるのであれば、冬の袷の着物を着ていったら大変です!

屋外に少しでも出ることになるのであれば、薄物もしくは単衣を選びましょう

逆にホテル内やレストラン内で行われる場合は、袷の着物でも問題ありません(そもそも振り袖は袷しかありませんし)。

ですが訪問着にする場合は、出来るだけ清涼感の出る色合いのもの、柄行のものを選ぶようにしましょう。

ただしもし持っているのならば室内と言えど、夏の着物(特に訪問着)を選ぶことをお勧めします。

 

着物で結婚式に出席する際の注意点

夏の着物であれ冬の着物(袷の着物)であれ、結婚式に参加する時の注意点は同じになります。

・格を考えること

・場に相応しい着物を選ぶこと

・金や銀の入った帯、帯揚げ、帯締めを選ぶこと

・柄が少なく、暗い色目の着物を選ばないこと

です。

フォーマルにするかセミフォーマルにするかは、その式の有り方にもよりますが、間違ってもカジュアルで出席しないように

色留袖、振り袖、訪問着のうちから選んで、着るようにしましょう。

合わせる帯も織の帯を選んで、格式を高くするようにすると良いです。

 

最後に

季節ごとに着る着物が異なるというのは、いかにも日本の文化ですよね。

実はここでは触れませんでしたが、一昔前までは厳密に何月何日から単衣に替える等と決まっていました。厳密過ぎて不自由さを感じたからか、自然とそのような決まりはなくなっていったのですが、それでももともとはそれだけ着物の季節感を大切にされていたわけです。

ですからそれが着物の本来の在り方であるということで、日本独特の文化である侘び寂にも通じるそのような和心はこれからの世代も忘れずに、意識を受け継いでいってもらえたら良いな、と勝手に想っております。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ