スマートフォン解析

着物の自宅での手入れ方法:カビやしわ等の対処や絶対NGな行為って?

Sponsored Link


人生初の着物を購入!

一生のお宝ですよね。

しかしそのお宝もしっかりお手入れしていないと、一度しか袖を通さずに終わってしまうことも。

そんな事態にならないためにも、しっかりと着物のお手入れ方法を知り、実践しましょう。

今回は、自宅で簡単に出来るお手入れ方法をご紹介していきます。

 

着物は日々のお手入れが大事

着物は基本洗わない

洋服の生活に慣れていると、汗をかいたらすぐに洗濯機で洗うというのが当たり前になっていますよね。

しかし、着物は洗濯機では洗えません

というか、絶対に洗濯機では洗ってはいけません!

では、着るたびにクリーニングに出すのでしょうか?

それではお金が掛かって仕方ありませんよね。それに頻繁にクリーニングに出していたら着物の生地が傷んでしまいます。

 

ではどうするのかと言えば、

基本的に洗いません。

着物は洗わないのがベストなのです。

よっぽど大きなシミや汚れがない限り、クリーニングには出さない方が良いです。

ではどうやって清潔な状態を保つのかという話になりますが、それは日々のお手入れをしっかりやることによって、着物を清潔な状態に保つようにするのです。

 

着物を着た後は必ずお手入れする?

着物をクリーニングに出さずに、綺麗な状態を保つのは難しいと感じるかもしれませんが、毎日お手入れをする必要はないので、そこまで面倒なことでもありません。

着物を清潔な状態に保つコツは、

着物を着た日のうちにお手入れをすること

です。

着物を脱いだら、すぐに畳まずに汚れのチェックや襟のしみ抜きなどを行うのです。

これを毎度着物を着た後に行うだけで、着物の持ちも格段に良くなるんですよ。

 

自宅で出来る基本お手入れ

以下が自宅でするべき着物の基本的なお手入れになります。

・着物干して、汗などをよく乾かす

・ベンゼンを使って油汚れや皮脂の汚れを取る

・着物用のブラシを使って、着物に付いた埃などを優しく取る

 

よっぽど汚さない限り、この3つのお手入れ方法を実践するだけで、着物は清潔な状態になります

 

状況別お手入れ(対処)方法

外出先でソースを着物にこぼしてしまった時

食事中にうっかり食べ物や飲み物を着物に付けてしまったら、どうしますか?

清潔な布に水を付けて、シミになっているところを拭く?

おしぼりでシミになっているところを拭く?

洋服に油を付けてしまった時などはこんな方法で対処しますが、着物でもそれは効果的なのでしょうか。

答えは、ノーです。

どちらもやってはいけない行為になります!

まず、「拭く」という行為自体がいけません

先にも述べたように、着物の生地は大変繊細です。

ゴシゴシこすったり拭いたりすれば、そこの部分の生地が変な方向に伸びてしまったり、変色してしまうことだってあります。(染色技法が用いられている着物では、染色の色が溶け出してしまうこともあります。)

なので、

拭くのは絶対にNG

なのです。

代わりに、シミの上から軽くたたくようにして、シミ抜きをします

ちなみにおしぼりに関してですが、おしぼりには薬品が含まれている場合があるので、着物には絶対に使用してはいけません。その薬品と着物の生地が反応して変色や変質を招く恐れがあるからです。

油が大事な着物に付いて、焦ってしまうこともあります。ですが、もっと悲惨な事態になるので、絶対におしぼりは使わないようにしましょう

 

外出先であろうがなかろうが、シミはすぐに対処したほうが良いに決まっています。

しかし、その方法が誤ったものならば意味がありません。

もしどうしても自分では出来ないというのであれば、油汚れには一切触れずにすぐに専門店にクリーニングに出すのも手です。間違いなく、綺麗になります。

 

泥をはね上げてしまった時

雨が降った後、もしくは雨が降っている時などに着物を着ると、どうしても裾が汚れてしまいますよね。

泥まみれになってしまった裾をそのままにして、着物をしまうわけにもいかない。

そんな時には、着物用のブラシが役立ちます。

裾が湿っている場合は、着物を干して十分に乾燥させます

乾燥させたら、泥が付いている部分に着物用のブラシを当てて、優しく泥を落とします。
ブラシでガリガリやらないのがポイントです。

泥が十分に乾燥していれば、ブラシで軽く擦るだけで、すぐに落ちます。

 

カビが発生してしまった時

着物を大切に取り扱っていても、カビが発生してしまうことはあります。梅雨のシーズンは、特カビが発生しやすいですよね。

さて、カビが発生してしまった着物はどうしたらよいかというと、クリーニングに出すのが一番良いです。自分でどうにかしようとすると余計ひどいことになってしまうことがあるので、カビが見つかった時は、クリーニングに出しましょう。

カビが発生しないようにするためにはやはり着物を湿気から守ることがとても大切になってきます。湿気対策も抜かりなく行いましょう。

 

シワがついてしまった時

長時間座っていたりすると、どうしても着物にシワがついてしまいます。

そうした場合は、着物を着物用のハンガーにかけて吊るします

これだけで、ほとんどのシワは取れます

もしどうしても気になるシワがある場合は、アイロンを使うこともできます。しかしアイロンは、着物の生地を傷める原因にもなるので、極力使わないようにする方が望ましいです。

もしアイロンを使う場合は、かならず当て布をして、着物の生地を守るようにしましょう。

 

着物を脱いだらすべきこと

・着物を干す

・汚れとシミのチェック

・襟元の皮脂汚れを取る

・着物を着物用ハンガー(もしくは洋服用のハンガー)に掛けて吊るす

 

繰り返し述べているように、着物を清潔に保ち長持ちさせるには

着物を脱いだ後のお手入れが一番重要

になります。

特にした方が良いのが、着物を干すという行い。

着物を着ている間にかいた汗を着物がすべて吸収しているので、それを取り去るためにも着物を干して、しっかり乾燥させる必要があります。

着物は丸1日干して乾かします。帯も一緒に干して乾かします。

「今日は汗をかかなかったから、大丈夫。」

というのは、カビ発生への第一歩。自分では汗をかいていないつもりでも、着物は湿気ていることがあります。必ず着物を脱いだら干すというのを慣習づけましょう。ただし、雨に濡らすのはもちろんNGですからそこは注意してください。

着物を干したら一通り着物を眺めて汚れやシミがないかを確認します。シミがあった場合は、しみ抜きするかクリーニングに出すようにしましょう。シミをそのままにしておくと、カビの原因にもなります。

襟部分の汚れも忘れずに、ベンジンを使って綺麗にしましょう。半襟に付いた化粧品の汚れ、皮脂などをベンジンで拭います。ベンジンを付けた脱脂綿などで軽く叩いて、汚れを落とします。あまりにも汚れがひどい場合には、半襟を着物から外して洗うようにします。

 

最後に

着物を清潔に保つには、日々のお手入れがとても大切になります。

これを知らずに、着物を着た後すぐに畳んでしまってしまうと、あっという間に着物がダメになってしまうので、注意してください。

着物のお手入れをしっかり行うというのは、大切な着物を長く着るためのコツでもあります。是非参考にしてみてくださいね。

もし、自分では対処しきれないと思った時は、無理をせずに専門店にお願いしましょう。

専門店の方から上手なお手入れ方法を聞きだすのも勉強になるので、興味のある方は是非プロの方のご意見も伺ってみてください。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ