スマートフォン解析

着物の虫食い対策で重要な、防虫剤とたとう紙の使い方

Sponsored Link


着物を購入すると必ず、たとう紙と呼ばれる紙が付いてきますね。

このたとう紙の正しい使い方ってご存知ですか?

たとう紙の使い方次第で、着物に虫が寄って来たり逆に虫が着物に寄り付かなくなったりするんですよ!

また、防虫剤も簡単そうに見えて、意外と気を付けるべきポイントが多いのです。

防虫剤とたとう紙の正しい使い方を知って、着物の管理上手になりましょう。

 

絶対にするべき防虫対策4つ

大切な着物に虫食いがあったら、本当にショックですよね。

ましてそれが一度しか袖を通していない着物だったなら、もうやり切れません。

そんな事態にならないようにするためにも、防虫対策が大変重要になるわけです。

 

以下が防虫対策になります。

1.虫が付きやすいウールの着物は、シルクの着物と一緒に保管しない
2.湿気対策を徹底する(環境作り)
3.防虫剤を有効的に用いる
4.たとう紙を有効活用する

 

これらをしっかり抑えておけば、防虫対策はバッチリなのですが、それがなかなか簡単そうで難しいんですね。

1と2については、こちらの記事をご参照ください。

参考記事:着物がカビで臭い状態を避ける保管の仕方やコツとは

 

ここでは、3と4にフォーカスしていきます。

 

防虫剤の正しい使い方

防虫剤に正しい使い方なんてあるの?と疑問を持たれた方もいらっしゃるかもしれませんが、これがあるのです!

間違った使い方をすると着物が大変なことになってしまいますので、注意してください。

まず、虫食い対策に用いる防虫剤ですが、市販されているもので問題ありません。

ただし、絶対に虫には食べられたくないからと、むやみに何種類もの防虫剤を併用するのはNGです。効果は得られませんし、それどころか大切な着物を傷ませてしまう危険性もあります。

何種類もの防虫剤を同時に使用すると化学反応が起きて、防虫剤の近くにある着物を変色させてしまう可能性があるのです!

恐ろしいですね。。。

ですから防虫剤を使用する場合は、一種類の防虫剤のみを使用し、帯や着物に防虫剤が直に触れないように、引き出しやケースの隅に防虫剤を置くようにします。

 

またもう一つ注意すべき点があります。

防虫剤にも期限がありますので、一度防虫剤を入れたからと安心せず、小まめに防虫剤の使用量や期限のチェックするようにしてください。

防虫剤を使用していれば、大抵の害虫は防ぐことが出来ます。

ですが逆に言うと、防虫剤の効力がなくなれば着物はあっという間に虫の餌食になってしまうのです。

ですから、防虫剤チェックは必ず忘れずに行うようにしなければなりません。

必要であれば交換するなどして、万全の防虫対策を目指しましょう。

 

たとう紙の正しい使い方

たとう紙って?

たとう紙とは、着物や帯を包む紙のことを指して言います。

 

よく、着物を購入した時やクリーニングに出した時に、和紙のしっかりした紙で包まれてきますよね?

あれが、たとう紙です。

 

漢字表記すると「畳紙」、「多当紙」などと表され、「たとうし」や「たとうがみ」と読まれます。

関西のほうでは「文庫紙」と呼ばれることが多いみたいです。

 

たとう紙を着物の保管に用いる理由

たとう紙が着物の保管に用いられるのには、それ相応の理由があります。

その理由とは、以下のようなものになります。

  • 和紙素材のため、通気性や吸湿性に優れている。
  • 着物を包むことで、着物に汚れが付きにくくなる。
  • 用いることで、カビ発生の防止にもなる。
  • 丈夫でごわつかないなので、着物もシワが付きにくくなる。
  • 呉服屋さんでもらえるので、実質タダで経済的。

 

しかしたとう紙も防虫剤同様、使用期限があります。また、100%湿気から着物を守り切れるというわけでもありません。ですので、たとう紙に入れておけば、着物は絶対に大丈夫というわけではないということをよく覚えておきましょう。

ところで、上記の理由部分に「防虫効果」がありませんでしたね。これは、実は呉服屋さんでもらったままの状態のたとう紙では、防虫どころか虫が寄りつく要素がたっぷりあるからなのです。

それでは「たとう紙を使用するのはリスクじゃないか」という声が聞こえてきそうですが、工夫次第で防虫効果も出せるし、有効活用ができるのです。

 

たとう紙の正しい使い方

たとう紙には糊が用いられているため、この糊に吸い寄せられるように虫が寄ってきてしまうことがあります。ですのでこの糊の部分さえ無くしてしまえば、立派な防虫効果と防湿効果を持つたとう紙に変身するのです。

まず、たとう紙に付いてくる薄紙及び厚紙は捨てます薄紙には糊が使用されているため、虫が繁殖しやすいんです。また、厚紙は湿気を含みやすいので、着物の保管には適しません。

たとう紙の薄紙を大事に扱い、着物をしっかりそれに包めて保管しているという方。

今すぐ、その薄紙は捨ててしまいましょう!

 

また、窓付きのたとう紙を使用する際には、窓枠部分のフィルムは外します。

これはフィルムと紙を接着している糊部分が、これまた虫の好物だからという理由からです。

 

最後に

正しいたとう紙の機能を理解し、正しい使い方をすることで、着物の保管をしっかりとすることが出来ます。

 

ちなみに、たとう紙だけでも湿気予防やカビ予防、虫食い予防にはなりますが、たとう紙に包んだ着物を桐箪笥に収納することで、その効果はさらに上がります。

桐箪笥がない場合でも乾燥剤や防虫剤を共にたとう紙で包んで、着物を保管するようにしてください。

そうすることで、着物の持ちが格段に良くなりますよ

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ