スマートフォン解析

着物がカビで臭い状態を避ける保管の仕方やコツとは

Sponsored Link


大事な着物がカビ臭い! そんな経験をされたことがある方もいるのではないでしょうか。

せっかく大金を払って購入したお気に入りの一品がカビカビになっていたら、目も当てられませんよね。

そこで、今回は着物初心者でも簡単に出来る、着物の上手な管理方法についてご説明します。

着物を保管する理想的な環境とは

着物を保管・管理する上で、最も大切なのが、環境づくりです。

洋服の場合は、基本的にクローゼットに掛けておけば良いのですが、着物はもっと繊細なので、湿度などにこだわらないといけないのです。

着物の素材は、シルクが基本です。

洋服でもそうですが、シルク素材のものはとても繊細ですよね。

自分で洗うよりもクリーニングに出そうという人の方が多いのではないでしょうか。

シルクがちょこっと入っているだけでもその扱いには注意が必要になりますが、まして着物のようにシルク100%ではなおさらです。

そしてそのシルク100%の着物が最も嫌うものが、湿気なのです。

湿気たところに長く置かれていると、あっという間にカビの餌食になってしまいます。

ですから、

着物を保管する場所は、湿気が極力ない場所が良い

ということになります。

 

着物の収納場所

桐箪笥が理想的

では、湿気のない場所をどのように作り出すかという話になりますが、これがかなり難しいですよね。

そこで役立つのが、桐箪笥。

桐箪笥は大変通気性がよく放湿性にも大変優れているんです。

昔から、「着物を保管するなら桐箪笥。」と言われてきた理由がここにあるのです。

 

では、なぜ桐箪笥はそんなに通気性、放湿性に優れているのでしょうか。

その答えは「」にあります。

もともと桐材は、湿度に応じて膨張したり収縮したりすることで、内部の湿度を一定に調整するという性質を持っているのです。

これによって、内部は常に湿度が低い状態が保たれるというわけなのです。

この性質を有した桐箪笥だからこそ、着物の保管に最適な湿度空間を作り出すことが出来るんですね。

また、桐箪笥は防虫効果、不燃性という性質も持ち合わせているので、着物の保管には本当に理想的だと言われています。

 

桐箪笥がない場合は環境を作る

とはいえ桐箪笥は高級品。場所も取ります。

着物のためにわざわざ桐箪笥を調達する人も少ないでしょう。

 

実際、着物は桐箪笥ではなくても保管できます。

その場合、桐箪笥に似た環境を作り出す必要があり、それはつまり着物を補完する上でのポイントを抑えることになります。

そのポイントとは、

 

・直射日光に当てない

・湿気のない場所を選ぶ

・絹とウールの着物を一緒に保管しない

・何枚も重ねて収納しない

 

になりますね。

 

まず直射日光に当てないというのは、着物の変色を防ぐためです。

これは洋服の場合もそうですよね。大事な服や色汗が懸念される服は、日光に晒さずにクローゼットにしまいます。

 

湿気のない場所を選ぶというのは、すでに述べている通りカビの発生を防ぐためです。

押し入れなどで着物を保管することが多いですが、押し入れは湿度が高くなりやすいところでもあるので、工夫が必要です。特に、梅雨のシーズンに入る前には、念入りに湿気対策を施す必要があります。具体的には、湿気取りをそこら中に置くというものです。

ただし、着物に直接触れる形で湿気取りを置くのはNGです。湿気取りの薬品が着物に染み出て、変質変色の原因になってしまう可能性が高いからです。着物を入れている箱の周りに湿気取りを設置するようにしましょう。

 

絹とウールの着物を一緒に保管してはいけないというのは虫が付きやすくなってしまうからなのです。

洋服でもそうですが、ウールには虫がわきやすいですよね。その虫が絹の着物に移動して、絹を食べてしまっては大変です。なので、箱を別にするなりして、絹とウールの着物の保管場所を離す必要があるのです。これは桐箪笥の場合でも同じですね。

 

最後に、着物を何枚も重ねて収納すると湿気が籠りやすくなってしまうということから、着物を重ねすぎないように分散して収納するのが重要だと言われています。

通気性の確保のためということです。

 

上手な収納と合わせて行う虫干し

着物には、虫干しが必要であるという話を耳にしたことはないでしょうか。

この虫干しが重要な理由とは、虫干しが湿気を取ってカビを発生させないようにするからです。

どんなに頑張って湿気取り対策をしても、100%湿気を除去できるわけではありません。

幾分かの湿気を吸収してしまった着物をそのままにしておいたらどうでしょう。

カビ発生の原因になってしまいますよね。

 

ですので、カビが発生する前に虫干しをして、しっかりと湿気を取り去ることが重要なのです。

そのため、虫干しは年に最低1度は行わなくてはいけないと言われています。

虫干しのやり方は、とても簡単です。

からりと晴れた日に、着物を着物ハンガーやハンガーにかけて、風通しの良い場所に1日以上吊るしておく

というもの。

 

合わせて、

着物を収納している場所も開放して、そこに溜まった湿気を外に出す

ようにします。

これで、しっかりと湿気が除去されるというわけです。

虫干しに良い時期は、7月から8月12月から1月と言われているので、その頃を目安に行うようにしましょう。

 

最後に

着物の保管で最も大切なことは、湿気対策なのです。

今では湿気対策便利グッズも豊富に売られているので、自分の住環境と相談しながら、 着物を保管する上で一番良い環境を作れるように色々と試してみるのも大切だと思います。

着物を湿気から守ることは、カビの発生を防ぐ効果があるだけではありません

着物を長持ちさせるコツでもあるのです。

大切な着物を世代を超えて着てもらいたいと考えているならば、まず着物の保管を徹底させましょう。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ