スマートフォン解析

パワーストーンの浄化方法:簡単で初心者向きは水晶のさざれ石

Sponsored Link


パワーストーンの浄化というと、基本的に目に見えてわからないこともあって軽視されがちなのですが、実はパワーストーンの効果を発揮させるために非常に重要になってきます。

ここでは代表的な浄化方法や、初心者にお勧めの方法についてお伝えしていきます。

 

パワーストーンの浄化方法一覧

パワーストーンの浄化方法にも色々なものがあります。初心者が手軽に行えるものから、かなり高度な技術が必要なものまで様々です。

詳しい方法は、のちほど説明いたします。

・水による浄化

・太陽光による浄化(日光浴)

・月の光による浄化(月光浴)

・お香や煙による浄化

・音による浄化

・塩による浄化

・水晶による浄化(水晶クラスターやさざれなどを使用)

・土による浄化

・パワースポットでの浄化

 

石と浄化方法の関係

色々な浄化方法がありますが、中でも一番簡単なもので浄化しておけば良いんでしょ?と思われた方、ちょっとお待ちください!

石によって、しても良い浄化方法と絶対に避けなくてはならないNGな浄化方法があるのです!

 

例えば、水に弱い性質を示すアンバー(琥珀)を水で浄化したとしましょう。

どうなるでしょうか?

折角のアンバーは変形し、ものによっては変色してしまいます。

石自体にもストレスがかかってしまうので、浄化にもなりません。

ですから、パワーストーンを購入する際には必ずその石に適した浄化方法を聞くようにしてください。

そうすれば、間違った浄化方法で石を傷つける心配はなくなります。

 

ちなみに先にお伝えしておくと、

初心者にお勧めの浄化方法は水晶を利用したもの

になります。

たとえ適した浄化方法を聞いても、勘違いして間違ったやり方をしてしまうこともありますからね。

水晶による浄化方法は、そういう危険性がもっとも少ないのです。

 

代表的な浄化方法

水による浄化方法

まず、流水で簡単に石に付いた汚れを洗い流し、清潔な柔らかい布のようなもので拭きます。

その後水道水(もちろん浄水)で水を流しっ放しにして、そこに石を置いておきます。

水は細々と流れる程度で大丈夫です。

1時間ぐらいを目安に浄化し、終わったらまた清潔な柔らかい布で水分をすっかり拭き取ります。

 

水での浄化方法は以上になります。

ただし、いくつか注意点があるのでそれを以下にまとめておきます。

もし水で浄化をするなら、その前に必ず目を通しておいてください。

・鉄分を含む石(隕石類、ヘマタイトなど)は絶対に水での浄化はしてはいけません。(錆びます!)

・日本画の岩絵の具に使用されている石(アジュライトやマラカイトなど)は絶対に水での浄化はしてはいけません。(絵の具になるぐらいですので水にばっちり溶けます!)

・水に長時間当てると変色、変質する石は結構あるので、心配な時は水での浄化は避けましょう。

・モース硬度が低い石は水の水圧で欠けることがあります。注意しましょう。

 

太陽光による浄化方法

まず、流水で簡単に石に付いた汚れを洗い流し、綺麗な柔らかい布のようなもので拭きます。

次に、太陽が良く当たる場所に石を置き、太陽浴させてあげます。

時間にして2時間~3時間が目安になります。

時間帯は、朝の10時までが望ましいとされています。

(太陽のパワーがもっともあるとされる時間帯に浄化することで、強力な浄化が出来るからです)

浄化が終わったら、流水で簡単に石を洗い、清潔な柔らかい布で石を拭きます。

 

太陽光による浄化方法は以上になります。

但し、いくつか注意点があるのでそれを以下にまとめておきます。

・太陽光で浄化できる石は限られています。(天然石はもともと土の中や鉱山の中で生成されるため、太陽光への耐性がありません。)

・太陽光に含まれる紫外線によって変色してしまう石も多くあります。保管にも気を付けましょう。

・頻繁に浄化するのであれば、太陽光での浄化は避けたほうが無難です。(変色の恐れあり!)

 

月光浴による浄化方法

まず、流水で簡単に石に付いた汚れを洗い流し、綺麗な柔らかい布のようなもので拭きます。

月の光がよくあたる窓辺に石を置いて、一晩月の光の中で浄化させます。
(満月の時に浄化するのが望ましいとされています。)

浄化後は、流水で簡単に洗い、清潔な柔らかい布で拭きます。

 

以上が月光浴による浄化方法になります。

ムーンストーンやラブラドライトなど、月とのかかわりが深い石は、月光浴で浄化のみならずパワーチャージも出来ると言われています。

注意点としては、月光浴中に夜露に濡れてしまう場合があることです。水に弱い性質を持つ石は夜露で変質してしまう恐れがあります。

 

お香や煙による浄化方法

まず、流水で簡単に石に付いた汚れを洗い流し、綺麗な柔らかい布のようなもので拭きます。

ホワイトセージやお香を焚き、その煙に数回石をくぐらせます。

それが終わったら、流水で簡単に洗い、清潔な柔らかいで拭きます。

 

以上がお香や煙による浄化方法になります。

この方法では、ホワイトセージを用いるものが一番有名で、古くはネイティブアメリカンが実践していた浄化方法になります。多くの石がこの方法で浄化できますが、中には煙を吸収してしまう石もあり、この方法が浄化に適さないものもあるので、その点は頭に入れておきましょう。

 

塩による浄化方法

まず、流水で簡単に石に付いた汚れを洗い流し、綺麗な柔らかい布のようなもので拭きます。

石に一つまみ分の塩を2、3回かけます。

そして、流水でよく塩を洗い落とし、清潔な布で拭きます。

 

以上が塩による浄化方法になります。

ただし、塩は穢れを清めるのに使われたりすることからも分かるように、とても強力な浄化作用を持っています。

それゆえ、その力が強すぎて石の持つ本来のパワーまでも浄化されかねないとも言われています。

この方法は、パワーストーン上級者用でもあるので、初心者であればまず試さなくても良い方法と言えるでしょう。

「へー、そんなのあるんだ!」ぐらいに思っておいてください。

 

水晶による浄化方法

まず、流水で簡単に石に付いた汚れを洗い流し、綺麗な柔らかい布のようなもので拭きます。

そして、その石を使用するまで水晶クラスター水晶のさざれ石の上に置いておきます。

石を使用する前には、軽く水洗いして布で拭い、汚れを落としてから使用するようにします。

 

この方法は最も簡単なので、初心者の方にも大変おすすめです!

しかも、9割以上(!)のパワーストーンがこの方法で浄化出来るのです。

よっぽどマニアックな石を購入しない限り、この方法で浄化するのでまず問題はないでしょう。

 

ちなみに、水晶クラスターと水晶のさざれ石ではどちらがお勧めかというと、さざれ石になります。

少し前までは、水晶クラスターでの浄化が望ましいとされていましたが、最近ではそれと同じ効果が水晶のさざれ石でも得られるということで、さざれ石の需要が急激に高まってきています。

しかも水晶クラスターは、水晶が尖っているため浄化する石に傷が付く恐れがあるのですが、表面を滑らかに研磨された水晶さざれにはそういった問題点もありません。

パワーストーンを売っているお店では必ず浄化用の水晶さざれを置いているはずなので、合わせて購入しておくと重宝しますよ!

 

まとめ

パワーストーンの浄化について、

石にあった浄化方法を実践すること

は絶対に意識しなければなりません。

 

初心者の方は、水晶を用いた浄化方法を試してみてください。

一番お手軽で、間違いがなく安全な方法になりますので。

特にさざれ石がお勧めです。

パワーストーンは浄化を定期的にしてあげることで、そのパワーが復活するだけではなく持ちもよくなりますよ。

 

ちなみに、

石を購入したらまず浄化すること

も忘れないでください。

石は購入時点で健全であるとは限りませんからね。

正しい使い方で、最高のパワーをもらいましょう!

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ