スマートフォン解析

薄毛の原因と育毛の秘訣―遺伝以外でも食べ物や洗髪、生活習慣等でかなり違う

Sponsored Link


年齢を重ねるごとに増していくのが薄毛への不安。

「家族を見ると自分も将来ハゲるんじゃないか心配…」

「日に日に薄毛になってきている気がする…」

このように薄毛にお悩みの方のために、薄毛になる原因と自宅でできる育毛方法(秘訣)についてまとめてみました。

万能とは言いませんが、意識しているだけでかなり違ってくると思います。

 

薄毛の原因

では、まず薄毛の原因について挙げていきます。

 

遺伝

男性の場合、どうしても遺伝は大きな薄毛の原因となります。

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、抜け毛を促進して育毛を妨げる原因になるのですが、このホルモンの量や活発さは遺伝によって決定するからです。

(もちろん男性ホルモンが多くても髪にはあまり影響しない人もいるのですが)

遺伝なら諦めるしかないと思われる方もいるでしょうが、遺伝もどこから拾われるかはランダムなので親が薄毛でも自分もそうなるとは全く限らないですし、対策をすることでかなり違ってくるので諦めるのは絶対に良くないと私は声を大にして言いたいです。

是非とも、ここでお話しする内容を頭に入れて、薄毛でない段階から薄毛対策に取組んで頂けたらと思います。

 

食生活の乱れ

発毛には必要な栄養素が血流に乗って頭皮に運ばれる必要があります。

ですが、ジャンクフードや肉中心の食生活を送っていると、脂質の多さや栄養バランスの崩れから血流が悪くなるため、必要な栄養素が上手く運ばれなくなってしまいます。

また、皮脂の多い食事は皮脂が頭皮の毛穴を塞いでしまうため、薄毛の原因になってしまいます。

 

生活習慣の乱れ

睡眠不足や喫煙、ストレスが溜まっていると薄毛の原因になります。

髪の成長は寝ている間、特に夜10時~深夜2時までの間に行われるため、睡眠時間が不十分だと髪の成長を妨げることになります。

タバコに含まれるニコチンは血行不良を引き起こし、ストレスも自律神経の乱れから血行不良を起こす原因になるため薄毛に繋がってしまいます。

 

過度なダイエット

女性の薄毛の原因として多いです。

ダイエットのために過度な食事制限(単品ダイエットや断食など)をすることで栄養不足になり、発育に必要な栄養素が不足するが原因です。

 

洗髪の頻度・洗い方

洗髪は頭皮と毛穴の汚れを落とします。

ですから、洗髪をしなければ毛穴が塞がってしまうのです。

毛穴が塞がれば髪は生えてくることができませんので、これは直接的に薄毛の原因になります。

 

また、洗い方も非常に重要です。

いくら洗髪頻度が高くても、頭皮と毛穴の汚れをきちんと落とすような洗い方でなければなりませんし、シャンプーもしっかりすすぎ落さなければなりません。

洗髪の際の流れとポイントは、以下のようになります。

  • まず手のひらでシャンプー液を広げます。(これはシャンプーをしっかりと落とし易くするためです)
  • 指の腹でマッサージをするように洗髪をします。
  • 最後に、シャンプーをしっかりと洗い流します。

ただし洗い過ぎても頭皮に必要な脂まで落ちてしまうので、シャンプーはほどほどに泡が立つくらい、すすぎは3~5分を目安としてください。

ちなみにリンスやトリートメントは、成分が違うためにまだシャンプー残しよりは危険度は低いですが、それでも使い方によっては薄毛の原因になる可能性があるので気を付けてください。

ともかく、基本毛穴を塞ぐのはNGです。

 

よく帽子を被る

帽子等の被りものは、頭皮にとって非常に良くない環境を作り出します。

特に夏だと長時間被り続けることで中で雑菌が沸いて、毛穴に菌や汚れが詰まってしまいます。

そうなれば毛穴の衰退は目に見えていますから、帽子はなるべく被らない、あるいは被っても長時間被り続けないことを注意しなければなりません。

 

整髪剤の使用

整髪剤は髪を整えるのが目的なので、基本的にあまり頭皮には優しくありません。

ですから、使用すること自体は良いのですが頭皮を塞いだりするので、その日のうちにしっかりと洗髪して洗い落とす必要があります。

特に頭皮に塗り込んだりジェルで固めたりして、かつしっかり落とさずに残してしまったら毛根は確実に衰えますので、必ず落とし切って下さい。

この際は少し長めにシャンプーとすすぎをしても問題ありません。

 

育毛の方法(秘訣)について

薄毛の原因を知ったところで、ここからは自宅でできる育毛の方法についてご紹介します。

 

食生活を見直す

栄養不足や血行不良を改善するために、ジャンクフードや肉中心の食事は避け、バランスのいい食生活を心掛けてください。

また、しっかりとした髪を育てるために、髪にいい栄養素を含む食べ物を食べるようにすることです。

具体的にどのようなものを中心に摂ればいいのかご紹介します。

 

〇タンパク質が含まれる食品

髪の毛は「ケラチン」というタンパク質からできているため、タンパク質を多く含む食品を取ることが育毛には必要です。

納豆や豆腐、大豆などに多く含まれています。

 

〇ビタミンAが含まれる食品

タンパク質を分解して合成する働きがあるため、タンパク質と一緒に取ることで育毛効果を高めることができます。

カボチャや人参、ほうれん草などに多く含まれています。

 

〇ビタミンBが含まれる食品

髪質を良くしてくれるアミノ酸の代謝に必要な栄養素です。

マグロやカツオ、サバなどに多く含まれています。

 

〇ビタミンDが含まれる食品

健康な髪を育てる働きをするカルシウムの働きを良くしてくれます。

アジやイワシ、サケなどに多く含まれています。

 

〇亜鉛が含まれる食品

男性ホルモンによる脱毛を抑えてくれます。

牡蠣やイワシ、緑茶などに多く含まれています。

 

〇豆乳

豆乳を飲むと薄毛を予防する効果が得られます。

・豆乳に含まれるアミノ酸が、髪質を良くしてくれる
・肌のターンオーバーを促進して頭皮の働きが活発になる
・抗酸化作用があるため、皮脂の酸化を抑えて頭皮を強くする
・ジヒドロテストステロン(薄毛を促進する男性ホルモン)の働きを抑制する

 

生活習慣を見直す

生活習慣を見直して血行不良を改善し、発毛を促します。

夜10時~深夜2時の時間帯に眠れるよう、睡眠時間を確保し、タバコは血行を悪くする原因になるので控えるようにしてください。

ストレスを溜めないようにすることも大切です。日々の生活で感じたストレスを上手に解消してため込まないようにする必要があります。

静かな音楽を聞いたりストレッチをするなど、ストレス解消ができて自分がリラックスできる方法を見つけ出してください。

 

シャンプーの仕方

これについてはすでに上で正しいシャンプーの仕方と注意点を取り上げましたが、非常に重要かつ超基本なので再度確認してみてください。

ちなみに、シャンプーの目的は頭皮の汚れをきちんと落とすことですが、同時に頭皮マッサージもできます。洗髪の際に指の腹で揉み込むように洗うことで、頭皮をマッサージすることができ、これが頭皮の血行の促進になるのです。そして最後にしっかりとすすぐことで、頭皮はかなり元気になるはずです。

 

髪を労り、元気にしよう

薄毛の原因と育毛方法についてご紹介しましたが、大切なのは髪の成長を妨げない生活習慣を心掛けて、

発毛効果を高めるような栄養素を摂取し、そして育毛環境をしっかりと整えてあげることです。

 

そしてもう一つ全く別の視点になりますが、決して軽視できない秘訣があります。

それは労わる気持ちを持つことです。

髪がなくなったら困りますよね?

だったら本当に大切な、感謝すべき存在なはずです。

「いつも元気に生えてくれてありがとう」

「私はあなたがいてくれて本当にうれしい」

と、別に言葉にまでは出さなくては良いですが、そういう気持ちを常に持つようにしてください。そうすれば自分もポジティブな気持ちになれますし、髪をもっと大事にしようという気持ちが自然と生まれると思いますから。

ですからこれは薄毛対策はおろか、髪の質自体にも関わってくる話ですね。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ