スマートフォン解析

強運は怪しいけど、なる方法があるなら手に入れたい

Sponsored Link


強運な人、というのがいます。

強運というのは、その人の
持って生まれた資質なのでしょうか。

 

怪しい

人は、強運を望みます。

そりゃそうですよね。

宝くじに当たるもんなら当たりたいですし、
実力以上のテストの点数は取りたいですし、
会社でも成績を残したいですし
異性とも付き合いたいですし・・・・etc

 

それも、努力なしで
手に入るなんて言ったら、
本当に魅力的に感じてしまう
のではないでしょうか。

多くの人は大抵努力は
めんどくさいし辛いものであって、
できれば避けたいと考えていますからね。

しかしながら、そここそ
世の中の悪い人たちが
付け入る隙となりうるのです。

特に

「こういう(楽して全てを手に入れられるような)方法が世の中にはあるに違いない!」

という、一種の期待や希望的な
偏見が強過ぎる人ほど、
悪い人たちの格好の餌食になる傾向が強いです。

期待や希望的な偏見が強過ぎる人、
つまり妄信的な人達は視野が非常に狭いです。

 

これは極端な例で言えば、
ギャンブルをしていて負け続け、
すでに破産しているのに何の根拠もなく
「次こそは勝てるに違いない!」
と思ってい金を借りては
さらに借金を繰り返している人
と同じ心理になります。

恐らく多くの人が感じる通り、
もう、ある種病気なのです。

 

もちろん、世の中のほとんどの人は
ここまで欲望の奴隷に
成り下がってはいませんが、
それでもこういう気持ちを
大なり小なり持っているでしょう。

まさに、悪い人たちは私たちのこの心理に
付け込んでくるわけなのです。

 

※実はこういう人は意外と、一見明るい性格の人に多かったりします。

ポジティブ思考のメリットとは―実は心が弱いし不幸せな可能性?

 

強運は本当にあるのか

では、強運なんて所詮は
詐欺師たちの釣りの餌であり、
そんなものはこの世に存在しないのでしょうか。

いえ、それは間違いです。

しかしその事実を理解するためには、
まずそもそも強運が起こる仕組み
について考える必要があります。

例えば、あなたが誰かに親切にした
としましょう。

 

そうしたら誰かは
その親切なあなたを好きになり、
自分の知らないところで
あなたについて良い噂を流します。

するとあなたについての良い噂を聞いた人が
直接何かをしたわけでもないのに
あなたに良い印象を抱くようになります。

 

今度は逆に、
あなた自身について考えてみましょう。

例えば、あなたの機嫌が
いつも良かったとします。

人はいつも機嫌の良い人が大好きなので、
あなたに対して好印象を抱きます。

すると何もしていなくても
誰かはあなたを好きになり・・・

同じことが起こります。

 

ポイントは、例えば仕事等では能力が同じ場合
何故かこういう人の方が
評価されてしまうということです。

つまり、営業をやってる人は極端な話、
多少どん臭くてもトップセールスマン
になったりしてしまうのです。

 

でもそういう角度でものを考えられない人
(ただひたすらの能力主義)
からしたら、その人物は
ただ強運なだけにしか思えないのです。

また、こちらは大抵の人が知らない
(あるいは意識していない)
機嫌良くしてることの効用ですが、
機嫌が良いということは心に余裕があるので
視野が広がります。

 

実はそれだけではなく、
感も冴えるようになるのです。

自分がどういう行動を取ったら良いかが、
直感的にわかるようになります。

非常に抽象的な話なので
説明が難しいのですが
こういうのは事実としてあります。

そうすると、人生に不満が
さらに少なくなってきて、
非常に理想的な循環が起こるのです。

 

ところで何かに才能がある人は
その才能のある何かに対して
直感力がありますが、
これは生まれ持ってのものだったりします。

要するに、この種の直感力も
後天的に付けたりできるということです。

 

もちろん常に機嫌が良いなんて
なかなか難しいでしょうけど、
これは極端な例であるため、
とりあえず少しでも機嫌を良くしていた方が
確実に広い意味での運は良くなる
ということを留めておいたら良いと思います。

ただし注意すべき点として、
ただポジティブであることとは違い、
そのために心の余裕を身に付けることが
必須ですが、これがなかなか
深い話になってきます。

※こちらの記事で解説していますので、ぜひ一緒にどうぞ。

心の余裕がないからストレスが溜まる?お金持ちの余裕はまやかし


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ