スマートフォン解析

ストリートダンスのヒップホップ等との違いや歴史と初心者向けの練習法

Sponsored Link


数あるダンスの中でもストリートダンスというのは、特に男性に人気のある種類になります。

カッコいいというイメージをされる方も多いのではないでしょうか。

でもストリートダンスと言われても、他のダンスと何が違うのか今一つよくわからない、という方も多いと思います。

というわけで、ここではそのストリートダンスがどんなものなのかについて、初心者向けにまとめてみました。

 

ストリートダンスとは

ストリートダンスは名前の通り、ストリートのダンス、つまり路上で踊るダンス全般のことです。

ただし別に路上で踊っていなくても、一般的に路上で踊られることから派生したダンスであればストリートダンスに分類されます。

ですから、その種類は様々。

HIPHOP、JAZZ-HIPHOP、BREAK、LOCK、GIRLS HIPHOP、FREE STYLE、HOUSE、POP、WAACK等・・・・・。

 

他にも細かいものを合わせれば無数にあります。

ダンスの種類というのは流行語と同じで、誰か目立った人物が勝手に名付けて、それが世に広まることによって新たに社会の中に定着していくので、今でもストリートダンスの種類はどんどん増えていっています。

ダンスはファッションや音楽と同様ライフスタイルの一部と考えられますから、まず表現が先にあって、その後に呼称が付いてくると考えたら良いです。

そして表現というのは範囲のない無限のものですから、時代が進むにつれて新たな形が生まれていくのは必然なのです。

 

ヒップホップやラップ等との違い

ストリートダンスをヒップホップやラップ等と同様の一つの種類として考えていると、

「これらの違いって何なの?」

となります。

まず大前提として、括りが違うということを念頭に置かなければなりません。

ストリートダンスというのは路上で踊るタイプのダンス全般なので、範囲が非常に広いです。

それに対してヒップホップというのは、動きがより厳密に定義されているので範囲は狭いです。

また、ストリートダンスは基本的にダンスを指しているのに対し、ヒップホップはダンスのみならずファッションや音楽、ライフスタイル全般を指しています。

 

こういうと少しややこしくなるかも知れませんが、もう一つの大前提として、いずれにしてもこれらは概念を言語化した抽象的な言葉なので、厳密な意味を求めるのではなくて、感覚的にこういうものだという理解(イメージ)をしなければなりません。

その感覚を掴むためには、それぞれの種類のダンスを見たり音楽を聴いてみればOKです。

「これがヒップホップ(ラップ)というものか」

となりますからね。違いが分かり難いのもありますが、そもそもの話として抽象的な言葉であるということを理解しておいてください。

 

ストリートダンスの歴史

ストリートダンスの原形自体は1920年代以前から存在していましたが、主に黒人のライフスタイルの表現であったために、差別などの根深い問題から大きく注目されることはありませんでした。

しかし1970年代になると、黒人による黒人のための番組『ソウル・トレイン』という、ダンス音楽のテレビ番組が放映され、全米で大人気になりました。この番組で自分のダンスを披露しようとアメリカの若者たちが番組オーディションに列をなすことになります。

その後も数々のダンス番組や映画が登場し、演者に魅了され、路上でストリートダンスをする若者が増えたことでどんどん新しい種類が創作されていきました。

また同時期にアメリカの貧困地区では、ブロックパーティとして野外で若者達が集まってダンスを披露し、数々のダンスを生み出しました。

それまでダンスというのは得てして優雅で、気品の伴うものであったのですが、ストリートダンスというのは激しさや荒々しい感情等を伴う種類が中心なのでそれが斬新で、多くの人の心を掴んだのでしょう。

 

初心者にお勧めの練習法

テレビでアーティストの映像を見て自己流で練習するとやはり変な癖がつくので、自分のセンスに自信がない限り基本的に止めた方がいいです。

独学で正しいダンスを踊るためには初心者向けのDVD(もしくはYOTUBEなどの動画)を見ながら、何度も練習し、自分が踊っている姿を動画で撮って確認することが大切です。

私が通っていたダンススタジオはレッスンの最後に先生が生徒の踊っている姿をスマホで撮って送ってくれたのですが、これは本当に役に立ちました。自分のイメージと実際の自分が違うことが多いからです。

出来ていない部分など、よく分かります。

あとはアイソレーションいう、頭や首、肩、胸、腕、腰、足など、体の各部分を単独で動かす練習をすることが大事です。

アイソレーションは、様々なダンスの基本になると思いますので、こちらも動画を見ながら、自分も撮りながら、じっくり練習することをオススメします。

アイソレーション

他にも沢山紹介されていますので、自分に合った動画を探してみてください。

 

ただ、家でストレス発散のためや健康のために自分に無理なくやるのであれば、我流でも私は良いと思います。TRFのDVDも何個か出ていますよね。

でもダンスにはそれぞれの動きに正しいやり方があります(前述のアイソレーションは大事です)。正しい方法を知ってダンスした方が運動効果も上がるとは思います。

 

スポーツクラブのダンスプログラムを利用

私個人としては、スタジオプログラムにHIPHOP、ストリートダンス等上述にあるようなダンスが入っているスポーツクラブを探すのをオススメします。

スポーツクラブには老若男女いますので、高齢の方とかもスタジオに参加していたりして、気負いなく参加できます。

スポーツクラブやスタジオに通うのであれば、どこでも体験レッスンというのがあるので、そちらを試してみて、楽しいと感じたら入会したらいいのではないでしょうか。

 

でも、スポーツクラブやスタジオの会員になってしまうと、行けなかったりした時の月謝が勿体ないですよね。

そういう場合、このような方法もあります。

それは、ご自分の会社やご家族様の会社の福利厚生にあるスポーツクラブを利用することです。可能な方のみになりますが。

そちらで1回1000円前後(スポーツクラブのよって違います)で行けると思います。

最近、福利厚生を利用して行ったスポーツクラブでは、初回のみ1000円ちょっと入会金のようなものを支払いました。なのでスポーツクラブによってはちょっとした入会金が発生するところもあるかもしれません。

 

ちなみに私もダンスが好きで、昔の話になりますが5年ほどやっていました。

最初はスポーツクラブでやっていたファンク(スポーツクラブのダンスプログラム)からハマってダンス好きになり、主人の法人会員の福利厚生を利用して、あらゆるスポーツクラブのダンスレッスンを受けていました。

ダンススタジオから講師が来ている事が多かったので、新しいダンスが次々レッスン出来て楽しかったです。

ダンスはリズムにのって楽しく体を動かせるスポーツなので、気負いなく、まずやってみることをオススメします。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ