スマートフォン解析

傾聴力の意味と具体例とは―長所として仕事にも有利なスキル?

Sponsored Link


ビジネスマンは、自分の商品の魅力を伝えるプレゼン力を求められます。

わかりやすく、効率よく、人を惹きつけるように話す力は確かに重宝され、様々な場面でその必要性が問われています。

プレゼン力は「上手に情報を発信する力」ということが出来るでしょう。

一方で「上手に情報を受け取る力」

それが傾聴力です。

 

カウンセリングの場から広まったこの傾聴という聞き方は、人間関係を上手くやっていく上で大変重要なので、ぜひここで見識を深めてみましょう。

 

傾聴の目的

傾聴する目的は、

相手に話したいだけ話してもらうこと

そして

「相手にわかってもらえた」という気持ちを持ってもらうこと

です。

これは根本的な視点で言えば、相手に

「気持ち良くなってもらう」

「元気になってもらう」

ことになります。

人は誰でも自分の話に同意してもらいたい、自分の意見を認めてもらいたい、という欲求を持っていますが、日常の中でそれを満たすのはなかなか難しいものです。

子どもであれば、大人が意識的に耳を傾けてくれることもあるでしょう。

しかし大人になれば、基本的に心に沸いた感情やわだかまりを自分で処理することを求められます。

少しでも感情を基準にものを言えば「わがままだ」「客観的でない」と批判をされます。あるいは感情的でなかったとしても、相手と意見が不一致であったり、論理不足等の理由で反論に合ってしまいます。

そうやって、自分の言いたいこともまともに言えなくなってしまうのです。

このように誰かの普段言い難いと感じていたり、抑圧していたりする様々な気持ち・考えを聞くことで、「聞いてもらえた、わかってもらえた」と感じてもらい、気持ち良くなってもらうのが傾聴になります。

 

傾聴の聞き方の具体例

傾聴ですべきことは、

「相手の意思のまま聞き入れること」

になります。

これはつまり、たとえ相手が自分が間違っていると思うことを言っていようが、自分の気に入らないことを言っていようがそれに対しても何も言い返してはいけないという意味です。

この時点で、傾聴がかなり難しい聞き方であることを感じられるのではないでしょうか。

 

そしてさらに、「相手の意思を汲み取る」必要があります。

つまり、

相手がしてほしいと思うリアクションを取ること

です。

たとえば、

(別に凄いと思っていなくても)

「凄いですね」

 

別に驚いてなくても)

「そんなことがあるなんて、驚きです」

 

(たとえ興味がなくても)

「それからどうなったんですか?」

 

(たとえ知っていても)

「それは知らなかったです」

 

といった具合です。

ただし極端になると逆に違和感を感じ始めるので、やり過ぎたりわざとらしくなると逆効果になります。

また、「知らなかった」というのも相手が知識を披露しているときに限るのであって、知らないばかりではただの無知な人だと思われて印象が悪くなったり見下されたりする可能性もあります。

もちろんどういうリアクションがベストなのかは相手や立場にもよるため、この辺のさじ加減が上手にできるかどうかも、傾聴力といえるでしょう。

 

より高い傾聴力が必要な応用編

もちろん、ただただオウム返しだけが傾聴ではありません。

さらに気分よく乗ってもらうためのリアクションも重要なポイントになります。

(相手の話を聞いて、)

 

自分「なるほど、じゃあ・・・ということなんですね」

話し手「そうなんだよ!」

「~~~」

 

自分「それって・・・がヤバそうですけど大丈夫なんですか?」

話し手「ところがどっこい、そんなことはないんだよ

「~~~」

 

といった具合に、話が盛り上がっていくようなイメージです。

聞き手のリアクションというのは話し手にとって本当に重要で、それ次第で話がどんどん盛り上がっていったり、萎んでしまって話が途絶えてしまったりします。

さらにたとえ話し手が口下手であっても、傾聴が上手な人に対しては上手に話せたりします。

これを読んでいるほとんどの方は、こういった経験があるのではないでしょうか。

 

ただしそれは自分が話すわけではなく、あくまで相手が主役として、自分はその名引き立て役となって盛り上げる。

それこそがまさに傾聴の意味であり、役割なのです。

 

傾聴が微妙ケースの例

ただし、傾聴するのが特に微妙ケースというのはあります。

一つ、興味深い例を上げてみましょう。

話し手が「死にたい」と言った場合。

 

これに対して、どういうリアクションが傾聴に値するのでしょうか。

「それは良くないですよ」

「辛いかも知れないけど、頑張りましょう」

「そう思うときは誰にでもありますからね」

等の言葉が思い浮かんだ人は多いと思います。

 

これらはどれも、正解にも不正解にもなり得ます。

こういったネガティブな心境の場合、

「駄目だ」とか「頑張ろう」という言葉を求めている人もいれば、そうでない人もいる

し、

「同意」を求めている人もいれば、そうでない人もいる

からです。

でも、たとえ相手が求めている反応だからといってもそれが良いとは限りません。

たとえば、本気で死にたいと思っている人を、さらにそう思わせるようなリアクションは傾聴ではありますが、それは間違っていますよね。

ですから、傾聴しない方が良い状況というのもあるのです。

つまり、こういった場合は

傾聴に拘らず、相手を救うためのリアクションを考えないといけない

のです。

 

エネルギーを奪われるリスクとは

同じ状況であともう一つ、傾聴が微妙な視点があります。

それは

「死にたいと言う人ほど生きたがっている」

という視点です。

これは現実的な話として、必ずそういう人はいます。

本当は全くその気はないのに、「死にたい」と発言をすることで相手の気を引き、世話になりたい、支えてもらいたいという考えの人ですね。こういった人は、軽々しく口にするのが特徴ではありますが。

ですが、もちろん傾聴の場合はたとえその相手が明らかに口だけ「死にたい」と言っていて実際は生きたがっているように見えても、

「君は口では死にたいと言ってるけど、本当は生きたいんだね」

「そうやって人の気を引いて依存しようとしているんだね」

という返しはしません。その逆に、上の例のように返すのが傾聴になります。

 

しかし、これでは質の悪い人に対して傾聴したらどんどんエネルギーを吸い取られそうと感じた人はいるかも知れませんね。

まさにその通りです。

でも、相手はこちらが素直に聞いてくれたらそれで満足感を得て、エネルギーの充電はできるのです。

それが傾聴です。

 

ただ実際は、そんな相手に傾聴するのは相手にとっても依存心が強くなるだけで全然ためになりません。ですから、関わらないようにするか、傾聴をやめるかどちらかした方が良いでしょう。

これは別に「死にたい」と軽々しく口にする人に限った話ではないので、自分が下手に出てるのを良いことに、相手がエネルギーを際限なく奪おうとしていることを見抜くのは非常に大切になります。

もちろん、とはいえ本当に追い詰められている人を突き放すわけにはいかないので、この辺は非常に判断が難しいところではありますが。

 

傾聴力があるのは長所で仕事にも有利

多くの人は、自分に人の話を聞く姿勢が備わっていると思っています。しかしそれがここで取り上げたような傾聴であるか、と言われたらそうではないと感じるのではないでしょうか。

基本的に、実際に何が正しいのか正しくないのかは非常に難しい問題になってきますが、たとえ自分の考えていることが正しくて話し手が正しくなかったとしても、話し手の意見の否定するというのは間違いなく良い印象を与えません。

確かに、前述のように常に傾聴するのが正しいわけではありませんが、仕事においては傾聴力は完全に重要な能力であり、これができるかできないかは仕事ができる・できないを大きく分けることになるでしょう。

もし自分に傾聴力が備わっていると思うなら、確実に長所として考えることができます。

 

傾聴力を育むために抑えるべきポイント

では、傾聴力を育むための重要なポイントとは一体何なのでしょうか。

まず、人間というのは得てして自分の意見に自信があったり、自分に対して本質的な自信がない場合ほど、意見が食い違った際に相手を否定したくなるものです。

だから傾聴をするためには、自制心が必要になります。

さらに、言葉だけ対応できるだけでは不十分で、顔に出すのもダメです。

ただただ相手の意見に対して相槌を打ち、相手が望むリアクションをする。

まるで聖母マリアのように微笑み(もちろん引きつった笑いではない)ながら相手を受け入れるという姿勢です。

 

これは自分と考え方が全く同じ相手ならともかく、そうでない相手に対してするのは至難なのは想像に難くないと思います。

ですがそれは誰でも同じことなので、この記事を読んでどういう状態が傾聴なのかがわかったのであれば、今から努力して傾聴力を養っていくのは間違いなく人生にプラスになるはずです。

ちなみに、勘違いしないで頂きたいのですが、これは「どのくらいできるか」「どのくらいの傾聴力があるか」であって、「傾聴スキルがある・ない」という話ではありませんからね。傾聴力に上限はありません。ですから、自分で「傾聴スキルがある」という人ほど、かなり怪しいと私は思います。

 

ただし、こちらが傾聴するのを良いことに依存しようとしてくる相手に対しては、傾聴ではなく別の対応をするべきであるということをもう一度伝えておきます。

さもないと利用されるだけされてしまいますからね。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ