スマートフォン解析

ネットバンクはフィッシング詐欺が危険?メリットとデメリット

Sponsored Link


ネットバンクと聞くと、それだけで不安感がありませんか?

お持ちの口座にもよりますが、きちんと手続きをすればスマホやパソコンなどで、口座の情報の閲覧や振込なども行うことが出来るんです。

銀行に行く時間がなかったり、お給料が入ったか、引き落としはちゃんとされたのか、細かく気になってしまう方に、ネットバンクを使ってみることをおすすめしたいと思います。

 

ネットバンクのメリット

銀行に行かなくても入出金明細が見れる

給料の振込や家賃や光熱費などの引き落としが気になる時ってありますよね。ちゃんと口座に入っているはずだけれど心配になってしまう。ネットバンクを利用すればそんな悩みはすぐに解決します。

 

銀行に行かなくても振込手続きが可能

忙しい時ですとちょっとの時間で窓口に間に合わなかったりすることがあります。そしてきちんと払えないとモヤモヤしますし、何よりもストレスが溜まります。そんな時こそネットバンクでの振込がおすすめですね。

わざわざ窓口に行かなくても、スマホやパソコンで振込が出来るんです。インターネット上で契約できるネット銀行などであれば、そもそも実店舗がどこ?というものもあります。

 

クレジットカードが不安ならVISAデビットカード

ネットショッピングを利用する中でクレジットカードを使うのが不安な方もいらっしゃるでしょう。お持ちの口座によってはVISAデビットカードなどの機能が付けられる場合もありますね。口座に入っている金額でしかお買い物が出来ませんので、とても安心です。ネットショッピング用にネットバンクの口座を作っても良いくらいです。

 

Amazonや楽天・ユニクロと組み合わせると更に便利

クレジットカードが不安でも、VISAデビットカードなら安心ですから、ネットショッピングをより便利にするために最低でもAmazonと楽天とユニクロを組み合わせることをおすすめします。

実店舗でも売っているものを買うのが一番安心ですが、ネット上にしかない商品も数多くあります。ネットショッピングは大きさや使い心地など実際に物を触ることが出来ず、画面上の写真や表示されている寸法などで判断しなければならないですが、慣れればそこまで大変じゃないです。

例えばユニクロなどの服で自分のサイズがちゃんとわかっていれば、季節ごとに服を買いに行かなくても済みます。これも慣れですね。TシャツはMだけどパーカーだとLが好きとか。この辺はお好みもありますが、試す価値は十分にあります。

 

ネットバンクは怖くない

顔の見える窓口や銀行や郵便局内などでのATMで入出金するのは安心でしょう。スマホやパソコンを使って自分で手続きを出来てしまうことが、まずは怖くないことだと理解してくださいね。

ドラマや映画などで、ハッキングやクラッキングなんて表現がある時もありますが、余程のことが無い限りは個人口座が狙われることはありませんし、フィッシング詐欺や、暗証番号などを聞き出すようなページへの誘導なども、ネタさえわかっていれば何にも怖くありません。

 

ネットバンクのデメリット

しかしながら、その一方でデメリットも存在します。

 

セキュリティーの問題で認証が多い

ネットバンクでは、絶対に口座を乗っ取られないようにセキュリティーがものすごく強化されています。ですからID、パスワードのみならず暗証番号であったり、合言葉であったり等の認証もその分多くなります。しかも定期的にパスワードを変更する案内が届きます(換えなくても大丈夫ですが、セキュリティー上さらに安全ということで勧めてきます)

そうなると、しっかり管理ができていないとどれがどれだったかわからなくなって、結局口座にログインできなくなったり、送金ができなくなったりしてしまうのです。その場合、問合せをすることになるのですがこれがまためんどくさかったりします。

ですから慣れないうちはけっこうめんどくさく感じる人も少なくないと思いますし、合っていない人は使いたくもないレベルかも知れません。

 

フィッシング詐欺に合う危険性

ネットバンクを利用する時にはメールアドレスが必要です。ですからフィッシング詐欺のような銀行等を語ったページに誘導するようなメールが届くことがあります。

口座を開設した時などに登録したメールアドレスに、その銀行を騙ったメールが来ると誤解して信じてしまうことが多いんですね。

初歩的なことですが、暗証番号等の変更や各種手続きについてはネットバンクにログインしないと行えません。そしてフィッシング詐欺や銀行等を騙るメールはログインIDとパスワードをご本人に直接聞くという仕組みなのです。

なぜなら、自分の口座の情報は、自分が必ず知っていることです。他の人に聞くよりも、確実に正確な情報を得られます。

上記のように書いてあっても実際に銀行から来たメールなのか、詐欺なのかわからない場合はドメインを確認してみましょう。ページやメールなどのメッセージが偽装されていてもドメインまでは偽装することはできません。

が、パッと見は似せ作られているのでそのドメインが正しいと誤認して、信用してしまう可能性はありますから気を付けなけれなければならないのですが。

しかし本物のネットバンクであればいきなりメールでIDやパスワードを要求するのではなく、自分の口座にアクセスさせてからになるのでメールの段階で要求されたらその時点で無茶苦茶怪しいと思ってください。

で、URLを確認したらまず違いますから。

基本的にサイトにアクセスするだけでデータが奪われることはないのですが、変なウイルスに掛かる可能性もあるので下手にアクセスはしない方が良いです。ウイルスは大概除去できるのでそれほど恐れなくても良いですが、やはり面倒なのでできれば避けたいですからね。

怪しいと感じた、でも本当かも・・・というときは、口座を開設したところのサポート窓口に直接電話で確認してみてください。

 

最後に

ネットバンクのデメリットは確かにあります。

しかしそれは結局自分の問題なので、危険性を理解した上で使いこなせさえすれば確実にものすごく便利でありがたい存在になります。セキュリティー面も全く問題ないと思います。

ですからお金に直接関わることですし不安もあるかも知れませんが、一度使用を開始することを考えてみては如何でしょうか。

そのとき「自分には合わないな」と思われれば、やめたら良いことですし。

人生を変える第一歩は、いつもほんの少しの勇気―なのですから。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ