スマートフォン解析

一人暮らしの節約術!電気代を減らすのに適切or危険なコンセント等

Sponsored Link


今回、節約する対象は電気料金です。ですから、電気料金なんて湯水のように使えるぜ!という方には必要のない情報かもしれません。同時に最新の家電ですとここまでしなくても十分にエコの可能性もありますので予めご了承ください。

ただ、全部実行すると、契約にもよりますが電気料金が1000円前後で済みます。コンセントを抜くだけでなく、その際の注意点についてもお話しますね。そして、最後の章ではそんなにも節約しなければならない状況で、考えるべきことについても説明しております。合わせて参考にして頂ければ幸いです。

 

使わない時にコンセントを抜く家電

主に暖房器具や娯楽に関するもの、そして調理器具などは使用していない時はコンセントを抜きます。

  • 電気カーペット
  • 電気毛布
  • エアコン
  • テレビ
  • オーディオ
  • パソコン
  • 洗濯機
  • 電子レンジ

この中でエアコンについてはきちんと調べてからコンセントを抜いた方が良いです。

次にパソコンもデータが消えるようなことは無いとは思いますが、念の為に外付けのHDDやUSBメモリなどに大事なデータを移しておきましょう。

忘れがちなのが洗濯機に接続している水道をきちんと止めること。構造上はいきなり水が吹き出すことはありませんが、何かの拍子に洗濯機を動かしたら水が溢れて大変です。

その他のドライヤーですとかアイロン、細かい家電については節約とは関係無しに普段から抜いておくべきものですね。意外とコンセントに刺さったままのものは多いです。全ての家電が待機充電があるとは断言出来ませんが、一応こまめにコンセントを抜いておく癖は必ず付けましょう。

 

さらに電気料金を抑えたい場合

  • 照明
  • 冷蔵庫

トイレやお風呂の照明は外してしまうと危険な場合もあるのでそのままにしましょう。それ以外の天井にあるような照明は外しても大丈夫です。お日様の光がとても大切に感じられるようになります。

冷蔵庫については常時電気を使っているイメージもありますが、何よりも食べきれない食材や無駄に保管してしまう冷凍食品などの購入が減ります。冬場はコンセントを抜いておき、夏場のみ使うというのも良いでしょう。冷蔵庫のコンセントを抜く場合は冷凍庫などの氷が溶けたり、水が出る場合がありますから注意してください。

関連記事:一人暮らしで自炊が面倒な方にお勧めの健康的で食費も安い簡単料理を紹介

 

ブレーカーを落として電気を遮断

ここから先は果たして本当に節約の効果はあるのか悩ましいところです。しかし、究極という訳ではないですがブレーカーを落とせば通電しないはず。外に出る時に落とす癖を付けるのは有効かもしれません。

  • お風呂
  • 玄関のインターホン

お風呂や玄関のインターホンはコンセントというよりも壁の中に配線が通してある場合が多いです。部屋のタイプによっては家の中のブレーカーを落としてもインターホンが使えたりする場合もあります。

 

ペットを飼っている場合は注意!

猫や犬、それに熱帯魚やハムスターなど動物やペットを飼っている場合はエアコンなどのコンセントを抜いたまま放置してしまうと生死に関係します。くれぐれも生き物がいるお家であればブレーカーを落とすことも含めて節電し過ぎないようにしましょう。

 

友達や恋人が遊びに来る方も注意!

コンセントの抜けた状態のままの部屋は薄暗く妙な雰囲気になります。え、電気払ってないの?というノリになるのは避けられません。もちろん前もって説明しておけば心配することではありませんから安心してください。

 

賃貸しているなら解約も検討

ブレーカーを落とすまで節約するというのであれば、思い切って部屋から出てしまうのも手です。友人や恋人など、一緒に暮らしたりすることも検討した方が良いでしょう。電気を使わないということは部屋に居ない時間も多いでしょうし、電気料金よりも高いのは家賃です。持ち家、持ちマンションであれば話は別ですが、シェアハウスなどへの引っ越しや、実家からの職場や学校に通うということも視野に入れた方が良いです。

一人暮らしというものは男女問わずに憧れるものですが、仕事や学校だけでなく引っ越ししなければならない事情もあるでしょう。例えば学生でアルバイトをしても、ほぼ家賃や光熱費で消えてしまう場合もあるでしょう。そうなりますと食費を削ったり、交遊費を削ったりと楽しいことは起きなくなってしまいます。無理に一人暮らしをするよりも誰かを頼って、誰かに甘えて家賃や生活費をシェアするのは間違っていることではありません。

どうして節約をしなければならないんだろう?その最初の疑問に戻った時に生活が苦しいからという答えが出るのであれば、悩まずに周りの人に相談することも忘れないようにしてくださいね。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ