スマートフォン解析

SNSで自己顕示欲の強い若者によるポジティブ押し付けは危険

Sponsored Link


FacebookなどのSNSが急速に普及し、職場や学校の友人はもちろん長年会っていなかった旧友とも気軽につながることが出来るようになりました。

友達が今何をしているのか、どういう環境で生活しているのか、どんな人でも興味を惹かれます。

そうした友人同士の関心の引き合いが原因で不幸な状態に陥る女性がいることをご存知でしょうか。

本来ならば、互いの近況を手軽に確認し合い、積極的なコミュニケーションを促すはずのSNS。

人とのつながりを強め幸福感を得ることもできそうなのに、どうして不幸を感じるようになってしまうのでしょうか。

 

SNS内の情報はポジティブに偏っている

SNSにはたいてい華やかな記事が挙げられています。

結婚式やパーティ、セミナー、仕事のプロジェクト成功など、ポジティブな内容を選んで記事を投稿するからです。

嬉しいことがあれば発信したくなりますから気持ちはわかるのですが、そうしたポジティブな情報に囲まれると「自分もポジティブな日々を送らなければならない」という思い込みをしてしまう人が現れます。

そしてSNSがインターネット世界を席巻する現在、この思い込みによって自身の心や生活を追い込む女性が増えています。

 

ポジティブでいなければならないという圧力

人間の脳は出会った頻度の高い情報に沿うように価値観を変えていきます。

親からたたかれて育った子どもが幼稚園で友達をたたいてしまうようにポジティブな情報に曝され続けた人はポジティブな情報を発信したいと思うようになります。

しかし、現実には常にポジティブな出来事が起こるはずもありません。むしろ仕事や育児などに悩みネガティブな思いをする機会の方が多いのではないでしょうか。

現実にはネガティブなことの方が多いのに、SNSからはポジティブな情報が次から次へと溢れ出てきます。

そうすると、「ポジティブな日々でなければならない」という自分の信念とのギャップが大きくなります。友達に囲まれおしゃれな服を着て仕事でも能力を発揮する自分、という理想像ばかりが大きく膨らんでいきますが、その理想像から程遠い姿が現実。

「みんなはあんなに充実した時間を送っているのに、私はなんてダメな人間なんだろう」と自己評価を落としたり、「みんなばかり充実していてずるい」という攻撃的な嫉妬心を抱いてしまうことになるのです。

 

貧困女性とつながるSNS

理想と現実とのギャップを埋めてSNSにポジティブな記事を投稿するために、湯水のようにお金を使ってしまう女性もいます。

おしゃれな服を買い、高い参加費を払ってセミナーに参加し、その記事を投稿します。

それを見た他の女性も「ポジティブでなければならない」という強迫観念のもとに、お金を使って華やかさを演出します。

そしてその記事を見た他の女性も同じことを繰り返します。

そうした負の連鎖によってかりそめの華やかさをまとった記事がネット上にあふれ、女性たちの不安をあおり続けます。

本当にポジティブな日々を送っている人の努力や蓄積を素通りしたまま、お金で作った張りぼてのポジティブさをアピールし続け、自分の生活を崩していく。

不幸の最たる姿がSNSから浮彫になるのです。

 

SNSはスーパーのチラシのようなもの

SNSにはポジティブな情報が溢れかえります。

それはさながらスーパーのチラシのようです。

スーパーのチラシには日替わりで特価商品が掲載され、人の購買意欲を高めます。

「今日買い物すればお得!」という気持ちを喚起するのです。しかし実際にスーパーへ行けば「安いのはいいけれど量が少ない」とか「質が悪い」と言ったネガティブな側面が目につくでしょう。

SNSも同じです。

チラシと違うのは意欲だけが高まって相手の生活の実態がわからない点です。

つまりスーパーのようにその実態を確認する術がないので、我に返るタイミングもより難しいのです。

その結果、自分の中で勝手に「自分はこの人と比べて充実していない、面白くない人生を送っている」と考え始めることになります。

ネガティブな面を上手に隠して冷静な判断力をマヒさせるという点で、SNSのポジティブ圧力は悪徳商法と似た構造をしています。

いかに恐ろしい罠が仕掛けられているかがお分かりになるのではないでしょうか。

 

興味がなければ捨てられてしまうスーパーのチラシ。

SNSに上がっている情報はそんなものだと考えれば、友人の楽しそうな写真に刺激されることもなくなるかもしれませんよ。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ