スマートフォン解析

使い捨てカイロの活用法や捨て方は?発火・低温やけどに注意

Sponsored Link


体を温めるのに重宝する使い捨てカイロには、サイズもいろいろで張るタイプのものや靴に入れるものなど色々あるのですが、それ以外にも様々な活用方法があるんです。

 

<温める場所によって効果が違う>

まず、カイロと言えば体を温めるものですが、温める場所によっては、生理痛や肩こりも解消されることがあります。

 

【頭痛・肩こり】

風邪をひいたときや気温の変化で起きる頭痛や、慢性的な肩こりがある人は、カイロを貼ることで、頭部や首回りの血流が良くなり、筋肉の緊張状態を解消をして、痛みやこりが緩和されます。

カイロを貼る場所は肩ではなく、肩甲骨の上(首の少し下)に貼ると良いそうです。

ただし、カイロは直接首に貼らず、タオルやスカーフに巻いて温めるようにしましょう。

 

【生理痛】

生理痛がする人は、お尻の上あたりにある骨(仙骨)を温めることで痛みが緩和されます。

カイロを貼るときは横向きに貼り広範囲を温めるようにします。

自分の生理の周期が分かっている人は、生理が始まる約1週間前から貼っておくと、効果が出やすくなります。

 

【冷え症・便秘】

冷え症の方にはカイロは必需品ですが、実は便秘の方にもカイロを貼っておくと便秘が解消されることがあります。

冷え症や体の体温を上げたい人は、内臓が集まっているお腹にカイロを貼り、お腹を温めることによって、便秘や胃腸の不快症状を治すことができます。

冷え症の人は、ふくらはぎにカイロを貼ることでも、血行促進につながり、冷え症防止にもなります。

ふくらはぎにカイロを貼るときは縦に貼るのがポイントです。

 

カイロを貼るときの注意

カイロを貼るときは肌に直接貼らず、洋服やタオルなどの上から貼るようにしましょう。

また、やってしまいがちですが、カイロを貼ったまま決して眠らないようにしましょう。

なぜかと言えば、低温やけどの恐れがあるからです。

まさかカイロでやけどするとは思っていない人は少なくないかも知れませんが、同じ個所を冷やし続けたり温め続けたらどうなるかを考えてみれば決して不思議ではないですよね。

低温カイロで直接貼らないとついつい油断してしまいがちだと思いますが、そこは十分注意してください。

 

『使い捨てカイロのびっくり活用方法』

実は使い終わったカイロにはものすごい活用術があったのをご存知でしょうか?

ここからは実用的に使える使い捨てカイロの活用方法をご紹介いたします。

 

【靴の防臭】

やり方は簡単、使い終わったカイロを靴やブーツの中に入れておくだけ♪

カイロの中には「活性炭」が入っており、この「活性炭」にはにおいを消す効果があります。

カイロは熱を持っているものを使わず、冷めて使えなくなったものを使用します。

冷めて使えなくなったカイロは固まってしまうものが多いため、中身をよくほぐしてから使うと効果が高くなります。

靴だけではなく、「トイレ」「靴箱」「冷蔵庫」にも使えます。

カイロはそのまま置いておくのもいいのですが、中身を容器に取り出ししまっておくのもベストな方法です。

 

【乾燥材】

使い捨てカイロの中には、鉄粉が入っており、鉄粉が空気中の水分を吸いこんで温めることができます。
つまりこの「鉄粉」には空気中の水分を吸い込み乾燥材として再利用することができます。

湿気が多い場所として、「タンス」「下駄箱」なんかに使用することができるのですが、残念なことに市販の乾燥材ほど効果は期待できるものではなく、乾燥材がないよりかはまし・・・といった感じです。

 

【お風呂の浄水】

お風呂の水質を向上させることもできるのが、なんと使い捨てカイロ。

しかも使い終わったカイロを、お湯に浮かべておくだけという簡単なもの。

これはカイロの「活性炭」の作用で水の水質が良くなるからで、物質を吸着させる性質を持つ「活性炭」は、水質浄化にも利用できるそうです。

実際、NPO法人が川や海に沈めるため、カイロを回収している、「地域循環ネットワーク」というものが存在するんだとか。

 

【ガーデニングなどの肥料】

カイロの中に入っている「バーミキュライト」は、保水性や保肥性に優れています。

また、「活性炭」は土の中の化学物質を吸着してくれるそうです。
(カイロの中には、「土壌改良剤に利用できます」と、書いてあるものもあります)

具体的な用途としては、家庭菜園やガーデニング等で使用でます。

使い方としては、カイロの中身を取り出して、植木鉢等にばらまくだけ。

このことで、土に鉄分を加え、 栄養のある土にすることができます。

ただし、使い捨てカイロの中身には塩類も入っています。

お塩を土に混ぜて農作物が枯れてしまうということはよくあるのことなので、使い捨てカイロと農作物は少し相性が悪いというデメリットがあります。

対策方法としては、少量だけ使用するか、塩類を除去しておく方法があります。

塩類を除去する方法としては、カイロの中身を水(沸騰させた水)で混ぜ、塩類を水で溶かします。
その後「ろ過」してから使用します。

 

【ダイエット】

体を温めることで、体温UPと代謝のUPにもつながりますから、結果、余計な脂肪を燃やしやすい体になります。

 

お腹に貼る

お腹を温めることによって、内臓の動きが良くなり、体温UPと代謝UPを発揮してくれるので、お腹はもちろん「二の腕」「太股」どの部分にもダイエット効果が期待できます。

その上、体が温められると、水分代謝も良くなり、身体の余分な水分も排出されるようになるので、むくみの解消にもつながります。

 

捨て方は発火防止を心掛けて!

使えなくなったカイロはみなさんどのようにカイロを捨てていますか?

たいがいの方は「燃えるごみ」として捨てる人が多いと思います。

しかし、カイロのパッケージの裏を見てみると、

「お住まいの地域の区分に従って捨ててください」

と書かれており、地区によっては「燃えないゴミ」という指定もあるので、市のホームページ等でチェックして、分別して捨てるようにしましょう。

 

また、カイロを捨てる時、確実に使い終わってある程度冷めたのを確認してから捨てること。

温まったままのカイロを捨てると、ゴミの中で高温になり、運が悪い場合火災の原因になりうることがあるので、カイロは確実に使い終わったものを捨てましょう。

ちなみに使用中に発火する危険性はまずないのですが、いずれにしても隣接する物質の温度を大きく引き上げるわけですからその点を念頭に置くことは忘れないでください。

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ