スマートフォン解析

パワーストーンには相性がある?良い組合せとNGな組合せとは

Sponsored Link


今流行中のパワーストーン・ブレスレットは色々な色の組み合わせで、ファッションを盛り上げてくれるアイテムでもありますね。

カッコイイ系からカワイイ系まで、自分の趣味に合わせてブレスレットが作れるというのも魅力の一つ。

でも、パワーストーンは全部で300種類以上(!)もあるので、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね~。

ここでは、

「パワーストーンの組み合わせにNGなものはあるの?」

「相性の良い石を選ぶにはどうしたら良いの?」

という疑問にお答えします!

様々な種類のパワーストーン

 

パワーストーンの相性とは?

「パワーストーンの相性」と聞いたら何のことだと思いますか?

パワーストーン同士の相性」?

それとも

パワーストーンと持ち主の相性」?

実は、両方のことを指しているのです。

以下で、具体的に説明していきますね!

 

パワーストーン同士の相性

相性の良い組み合わせとは?

気が合う人(相性が良い人)、気が合わない人(相性が悪い人)がいるように、石の間でも、気が合う石(相性が良い石)、気が合わない石(相性が悪い石)というものがあります。

パワーストーン・ブレスレットを持つならば、相性が良い石同士を組み合わせたパーフェクトなパワーストーン・ブレスレットを持ちたいですよね!

パワーストーンと人間を結ぶパワー

 

では、具体的に。

相性が良い石というのは、主に次の条件を満たしたものになります。

 ・同系色の石

・似たパワーを持つ石

・同じ種類に属する石

同系色の石というのは例えば、「ローズクォーツ」と「ロードクロサイト(インカローズ)」のことです。ローズクォーツは淡いピンク色、ロードクロサイトは紅に近いピンク色で、どちらも同じピンク系統の色の石です。

なぜ、同系色の石同士の相性が良いのかというと、同系色の石は似通ったパワーを持つ傾向が強いからなのです!

「ローズクォーツ」と「ロードクロサイト(インカローズ)」の場合、ローズクォーツは、恋愛成就に絶大な効果を発揮する石で、ロードクロサイトは恋愛面におけるソウルメイトを引き寄せる効果を発揮する石と、どちらも恋愛に効力を発揮してくれる石になります。

 

他にも、紫系の色の石ならば「アメジスト」と「スギライト」が挙げられます。どちらも高いヒーリング効果を持っており、組み合わせることでそのヒーリング効果が倍増するのです!

同じ種類に属する石というのは、例えばクォーツ(水晶)系の石です。

クォーツ系の石には、水晶、シトリン(黄水晶)、アメジスト(紫水晶)、ローズクォーツ(紅水晶)、スモーキークォーツ(煙水晶)、モリオン(黒水晶)、ルチルクォーツ(針入り水晶)などがあります。

どれも水晶の持つパワーを多かれ少なかれ持っていることから、石同士のパワーの相性が良いのです。

 

相性の良い石を持つことで、石のパワーが高められると言われています。いわゆる相乗効ってやつですね。

石を組み合わせる時の参考にしてみて下さい!

 

相性の悪い組み合わせとは?

相性の悪いパワーストーン

相性の悪い石の組み合わせというのは、実はそんなにありません。(ふーっ、一安心。) ですが、石を組み合わせる時に注意すべき点が一つだけあります。

それは、「石の持つエネルギーが正反対かどうか」ということです。

パワーストーンは、大きく分けてパワーをチャージする貯蓄型のパワーストーンと、パワーをエネルギーと共に外に出す放出型のパワーストーンの2つに大別できます。

ここで、ちょっと考えてみて下さい。

貯蓄型と放出型という、相反する型のパワーストーン同士が一堂に会したらどのような状況になってしまうでしょうか?

お互いのパワーが相殺され、パワーストーンの意味をなさなくなってしまいますね!(これは大変!)

 

というわけで、貯蓄型のパワーストーンと放出型のパワーストーンを組み合わせるのは、あまりお勧めできません

具体的には、「カーネリアン」と「スギライト」の組み合わせです。

「カーネリアン」は、自分自身の中に作り出されたエネルギーを外に出すことで、パワーバランスを保つ石(放出型)。そして、「スギライト」は、パワーを内に内にと溜め込む石(貯蓄型)。

この二つの石を組み合わせたら、スギライトが貯めたパワーを、カーネリアンがどんどん外に出してしまい、パワーストーン・ブレスレットとして機能しなくなってしまうのです。

 

とはいうものの、全ての石のパワーバランスを把握することは不可能ですね。パワーを放出する石か、パワーを貯める石かだなんて瞬時に判断できませんよね!

そういう時は、パワーストーンの効力を参照してみて下さい。

「気持ちを和らげ、リラックスさせる効果」が出来る石と、「集中力を研ぎ澄ませる効果」のある石同士って、相性の程はどうだと感じますか?

なんかイマイチ効力が噛み合っていませんよね~。

 

「集中力を研ぎ澄ませる効果」のある石ならば、「仕事運上昇効果」が期待できる石と組み合わせて、強力な仕事運を呼び込むパワーストーン・ブレスレットにするべきだと思いませんか?(それが正解です!)

 

持ち主と石の相性

パワーストーンの相性に関しては、石同士の相性よりも、持ち主と石の相性の方が数十倍も重要なんです!

せっかく購入したパワーストーン・ブレスレットが、効力が強すぎてストレスの原因にでもなったら大変です!

「え、そんなことあるの?」と思われた方、これがあるんですよ!

パワーの強い石(クセの強い石)を持っただけで、居心地が悪くなったり、気分が優れなくなってしまったりということは、実は良くあることなのです!

こればっかりは、実際にパワーストーンを持ってみないと分からないことなので、出来れば通販を利用するのではなく、直接お店に行って、確かめてからパワーストーンアイテムを購入するようにしましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?パワーストーンの相性は意外と奥深いでしょう?

色々なパワーが欲しいからと、石の持つパワーのことを一切考えずにパワーストーン・ブレスレットを作りたくなってしまうかもしれませんが、そんな時にこそパワーストーンの相性のお話を思い出して下さいね。

色々なパワーを詰め込むよりも、一つのパワーに統一したブレスレットを作る方が、ずっと効率的!

自分の直観を信じて、「これだ!」と思う、オリジナルのパワーストーン・ブレスレットを作りましょう。

理想のパワーストーンブレスレット

 


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ