スマートフォン解析

ポケモンgoは危険?ゲーム課金の心理と後悔の理由とは

Sponsored Link


昔は購入してプレイする
据え置き型のゲームしかなかったのですが、
近年では課金型のゲームの方が主流になっています。

社会現象と言って良いほどの
人気を博した「ポケモンgo」
基本無料の課金型ゲームですよね。

 

しかしながら、
この課金型のゲームというのは
元が無料であるのにも関わらず
大変な落とし穴を秘めていて、
危険性が高いものなのです。

 

ゲームと人間心理

ゲームが面白くない、と感じる人は少ないと思います。

もちろんゲームの種類にも依るでしょうけど、
特に人気ゲームというのは
非常に多くの人にとって
面白いと感じられる存在です。

それどこか、他の私生活を二の次にするほど
夢中になってしまう人も少なくありません。

だからこそただの娯楽なのにも関わらず、
度々社会現象を引き起こすわけです。

過去でも「インベーダーゲーム」であったり、
「ドラゴンクエスト3」等は
今回の「ポケモンgo」に匹敵する程の
社会現象を引き起こしました。

これは言い換えれば、
それだけ多くの人の心掴んだということです。

 

人の心を支配する

多くの人の心掴み、
私生活に支障を来たすほど夢中にさせる―

これをさらに言い換えれば、
「心を支配する」とも言えます。

つまりゲームというのは、人の心を支配し、
人生を左右してしまうほどの影響力を持つのです。

これは他の趣味や娯楽には
あまりない特徴になります。

ただ、他にもあることはあります。

たとえば、ギャンブルというのは
まさにそのような類ではありますね。

 

ギャンブルとの共通点

実はゲームとギャンブルには共通点があります。

それは「人間心理に基いて製作されている」ことです。

ゲームやギャンブルというのは、

  • 面白いと感じる
  • 一度やったらやめられない
  • 何となくやってしまう

等の特徴を兼ね備えています。

多くの人が面白いと感じれば
口コミなどで利用者はどんどん増えていくし、
一度やったらやめられなければ
離れていく人も少ないので
全体の利用者は増える一方となり、
それに伴い利益もどんどん上がっていきます。

それが運営側の目的なので、
上のような特徴を兼ね備えているのは
当然と言えば当然なわけです。

 

Sponsored Link

 

ゲーム課金が後悔される理由

冒頭で触れたように、
最近は課金式のゲームが主流になってきています。

その理由は単純な話で、
課金式ゲームの方が
運営にとって利益が上げ易いからです。

過去に主流であったタイプの
購入式のゲームの場合、当然ながら
まず購入する必要があるために
ゲームをプレイするまでに
一つのハードルがありました。

それに対して、課金式ゲームは
基本無料でプレイできるので、
圧倒的にプレーヤーを呼び込み易いのです。

大概、人というのは「タダ」の言葉に弱いです。

特に

「ゲームはお金を払わなければできない」

という価値観を持っている
若干古い世代の人達にとっては、
ただでゲームができるという
お得感はより一層強く感じられます。

ですからお金を払わずに、
かつ気軽にダウンロードするだけで
プレーできてしまうとなれば、
もうすでにゲームから引退しているはずの
大人達が再びゲームを始める
十分なきっかけとなるのです。

これは運営側の目論見通りです。

しかしながらもちろん、
いくらプレーヤーを増やしたところで、
そこで無課金プレーを続けられたら
運営側は利益を上げることができません。

ですが実のところは、
プレーヤーを増やすことができれば
ある程度成功したと言っても
過言ではなかったりします。

何故なら、課金式ゲームはもともと上で挙げた

面白いと感じる

一度やったらやめられない

何となくやってしまう

等の一般的なゲームの特徴に加えて、
さらに課金したくなるような
仕組みを練り込むからです。

 

その心理誘導はかなりギャンブルに近いです。

いわゆる「射幸心を煽る」という方法ですね。

その代表と言えるのが「ガチャ」になります。

たとえばレアで強力なキャラであったり、
アイテムであったりというのは、
普通にプレーしている人ならば
できれば手に入れたいと思うはずです。

それはレアキャラやアイテムに対しての
価値を感じさせるような流れを作って、
そして満を持してガチャとして
世に出しているからです。

すると多くの人は射幸心を煽られるのです。

ただもちろんレアガチャは有料なので
そこには一つの超える必要のある
心理的ハードルがあります。

多くの人はレアキャラや
アイテムが欲しいという気持ちよりも
課金というハードルの方が高くて、
「課金しない」という選択をします。

逆に、このハードルを越える人達がいます。

しかしながら、これが一つの

大きな危険性を孕んだ行為となるのです。

ギャンブルでもそうですが、
射幸心というのは一度煽られると
どんどん飲み込まれていってしまう
ところがあります。

つまり一度課金して失敗すると、
ついつい「次こそは」「今度こそは」
と、どんどん追加で挑戦していく
心理的な流れができてしまうのです。

一度ハードルを越えてしまったがために、
歯止めが効かなくなるわけですね。

と同時に、課金をすることで
そのゲームに対する思い入れが
より強固になります。

よって、ますますハマり込んでしまうのです。

極端な話、結果的に人生が
悪い方向に激変することにもなり兼ねません。

ですから「今回だけだから」
という気持ちで課金をすると
後悔することになると思います。

あくまでその「一回の課金」
が意味する事実を理解した上で
課金をするべきでしょう。

もちろん、自制心に自信のある人であれば
それほど問題はないとは思いますが。

 

ポケモンgoは特に危険?

今話題沸騰のポケモンgoは特に危険かも知れません。

なのは何故かと言うと、
これは社会現象にもなっている程
注目度の高いゲームとなっています。

そうなると、レアキャラやアイテムの
事実上の価値というのが他のゲームよりもずっと高くなります。

何故なら、それだけ大きな優越感に浸れるからです。

となると、要するに射幸心は
自然とより一層煽られる形になるので、
他のゲーム以上に歯止めの効かない
状態になる可能性が高いのです。

つまり、社会全体の流れが
課金を促す心理的後押しとなるわけです。

 

とはいえもちろん、
いくら課金を促す非常に強い
圧力を産むことができたとしても
それに便乗し過ぎたら、社会的に叩かれて
結局は墓穴を掘ってしまうでしょう。

結果的に廃人を大量生産
することになるわけで、社会にとって
完全な害悪となりますからね。

製作者側もその辺は弁えてなのか、
ポケモンgoの場合は
課金しても別に魅力的なキャラや
アイテムが直接的に手に入ったり
するわけでもなく、あくまでそこそこプレーが
進めやすくなったり、有利になる程度です。

ですからそれほど
課金を促すような圧力、
状況を作ってはいないのです。

とはいえやはりそれでも課金を促すには
十分な社会的空気がありますから、
危険度は他のゲームよりも高いかも知れません。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ