スマートフォン解析

西洋医学と東洋医学の違いとは―それぞれの治療の長所・短所、と人生との関連

Sponsored Link


医学には、西洋医学と東洋医学
という分けられ方があります。

それぞれ、根本的に治療法が異なるのですが、
それはどのような違いなのでしょうか。

 

西洋医学・東洋医学の違い

まず西洋医学の方ですが、
これは個々の病気に対して
直接的に働き掛ける治療法です。

つまり、癌であればそこを取り除き、
抗癌剤等を使用してやっつける。

しかし、例えばそこを直すことによって
他が支障をきたすことは
ある程度の範囲であればいとわない、
という姿勢ではあります。

ですから、使用する薬には
大抵の場合副作用が伴うのです。

 

対して東洋医学は、
個々の病気に対してではなく、
全体のバランスを重んじる治療法であり、
人間がもともと備えている
自然治癒力を活かすことがベースにあります。

また薬については、西洋医学で
使用するような精製された人工的な薬ではなく、
自然界にあるものをそのまま、
もしくは乾燥させるなどの加工を
施した生薬と呼ばれる薬を使用します。

ですから、西洋医学治療のキーワードが
「直接的」なのに対し東洋医学治療の
キーワードは「根本的」であると言えます。

 

短所・長所

どちらにも、短所と長所があります。

まず西洋医学の短所は、問題となる
箇所を治療することに注力するため、
たとえその箇所が治ったとしても
他の問題が出てくる可能性がある
ということです。

長所は、その逆に問題を
一気に解決する瞬発力が高いこと。

 

対して東洋医学の短所は、
全体のバランスを重視しているので、
問題となる箇所を治療するのが
西洋医学に比べ時間が掛かったりします。

長所は、その逆に問題の根本的な解決に
繋がり易い、ということです。

手術で悪い箇所を取り除く
というのはどちらでもしますが、
敢えて分けるとするなら
西洋医学的なアプローチになるでしょう。

 

基本的には、緊急を要する病気に関しては
西洋医学の方が期待できるのですが、
それでももうどうにもならないという、
末期の状態になったら、むしろ
東洋医学の方が期待できる傾向にあります。

この辺りはまだまだ現代医学が
追い付いていない領域ですが、
人体というのはときとして奇跡を起こすため、
東洋医学的なアプローチは事実上
そのための舞台を用意することになるからです。

 

※ちなみに私がこのブログで
語っていることはどちらかと言うと
東洋医学的で、かつ物事の本質的な視点ですが、
このような視点で世の中を語ってる人は
非常に少ないと思います。

正しい努力とは。覚悟を決めることが秘訣で、万能な理由

 

人生に当てはまる

実はこの西洋医学治療と
東洋医学治療の考え方というのは、
私たちの人生そのものに
当てはまるところがあります。

私たちの日常の問題においても、
その場だけをしのぐやり方もあれば、
逆に根本的な対処をするやり方もあります。

その場だけをしのいで、後々
また別の問題が勃発することもありますし、
逆にその場の問題をしのがない
(全力で解決しない)ことが
更なる問題を引き起こすこともありますから、
どちらもバランス良く
取り入れていかなければなりません。

つまり、どちらだから良い、
ということではなくて
そのバランスと質が
重要であるということですね。

 

もちろん二元論であれば楽ですが、
この世は二元論では通用しませんから
最終的には自分の感覚で
判断するしかないわけなんです 笑

このブログではその判断力を養う上で
秘訣となりうることについて、
主に取り上げているのです。


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ