スマートフォン解析

許す力、その心が大事。許せない気持ちは執着であり不幸

Sponsored Link


私たちは生きている中で、
誰かに対してとても腹を立てることがあります。

それが相当なものになると、
「許せない!」という気持ちにまで
至ってしまうこともあります。

 

ただ、それも無理はないと私は思います。

何故なら、この世の中というのは
本当に理不尽なことが普通に起こりますし、
また自分さえ良ければ良いという人が
多くいるのにも関わらず
理不尽なことが普通に通ってしまいます。

 

しかも大変に不公平感があって、
サボっていてもやり過ごしてしまう人も
いる一方で一生懸命やっていても
壁ばかりに当たってる人もいる。

こうなってくると、このように
思い初めてしまうかも知れません。

「自分があいつに、相応の罰を与えないといけないのではないか」

もし自分がやらなければ、
あいつはこれからものうのうと人生を、
気楽な気持ちで生きていくのではないか。

これは少し気高い方の動機ですが、
そうでなくとも自分自身がプライドを
滅茶苦茶にされただとか、
虐待等で思いっきり精神的に
甚大なダメージを負わされたとか
こういう事情であっても「許すまじ」
と思う気持ちが沸き起こることは
無理もないと思います。

 

ここで、非常に重要なことを
お伝えしておきます。

人を傷付けたり、悪事を働いた人は
確実に損をする仕組みに世の中は
なっていますからとりあえずご安心下さい 笑

一見、そういう風には
見えないからもどかしいのですが 笑

これは説明するのがかなり難しいですが、
エネルギーという観点から考えると、
イメージがし易いのではないかと思います。

 

こちらの記事では、そのエネルギーという
概念についてまとめていますので
ご参照ください。

エナジーバンパイアとは―その意味や特徴など。実は多い

 

恐らくほとんどの方はご存知かと思いますが、
この「許せない」という気持ちは
非常にネガティブな感情です。

視野は狭くなるし、疲れるし
はっきり言って基本的に
ほぼ良い事がありません。

 

ただ一方で前回の記事で
取り上げた嫉妬心のように、
そのネガティブな感情を行動の原動力に
繋げることはできなくはありません。

嫉妬の心理は本能?でも嫉妬深いとしたりされたりが辛いし苦しい

 

しかしそれもコントロールできなければ
暴走し、とんでもない行動に出たりして
人生を大きく狂わしてしまう可能性があります。

というか、「許せない」感情の場合は
そうなる可能性の方が圧倒的に高いです。

何故なら、嫉妬は相手を
恨んでるのではなく
意識して比べているだけなので
目的を別に設定できるの対して、
「許せない」は目的が
相手に向いてしまっているからです。

 

つまり、その人物に対しての
復讐そのものが人生の目的
となる可能性があり、
自分の人生を良くするとか、
本来の目標や夢を達成するとか
そちらには向いていないのです。

復讐が人生の目的なんて、
そんな人生嫌じゃないですか。

私も嫌ですし、恐らくほとんどの人は
同じように感じていると思います。

 

しかし、この世の仕組み的に
悪事を働いた人間が罰せられる
仕組みになっていると知れば、
何となくその「許せない」
という気持ちから解放される
ところはあるのではないでしょうか。

その仕組みについては、エナジーバンパイアの記事をご参照ください。

こちら


Sponsored Link


・完全目次ページ

Sponsored Link




【お勧め】生活改善法まとめ

>>INDEXPAGE



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ